イベント情報

松江歴史館 企画展「長澤蘆雪 ー躍動する筆墨ー」

Rosetsu nagasawa

江戸時代後期に活躍した絵師・長澤蘆雪(ながさわろせつ)の作品を紹介する企画展「長澤蘆雪―躍動する筆墨」を4月27日(金)から開催します。
長澤蘆雪(1754-1799)は京都の絵師で、円山応挙に師事し写実的な絵を学び寺院の襖絵を多く手がけました。
松江市上大野町の臨済宗妙心寺派の西光寺に伝わる、蘆雪の壮年期初めの代表作「龍図襖絵」(松江市指定文化財)の修復完成を記念して初公開するのに合わせ、和歌山県・草堂寺や兵庫県・大乗寺に伝わる重要文化財の襖絵などを展示します。
龍虎や鶴、猿や人物などをユニークな姿に描く蘆雪の作風は、近年とみに人気が高まっています。本展では、力強く荒々しい、時には繊細でしなやかな筆遣い、そして大胆な画面構成などで描き出される動物や人物たちのいきいきとした姿がお楽しみいただけます。

期日 2018年04月27日(金) ~ 2018年06月10日(日)

【開館時間】
8:30~18:30
※ともに観覧受付は18:00まで
【休館日】
5月17日(木)

会場 松江歴史館 企画展示室 (松江市)
殿町279番地
お問合せ先

松江市立松江歴史館
TEL:0852-32-1607
FAX:0852-32-1611


料金

【観覧料】
・大人:500円(400円)
・小中学生:250円(200円)
<基本展示室とのセット展>
・大人:800円(640円)
・小中学生:400円(320円)
※( )内は20名以上の団体料金

URL https://matsu-reki.jp/
メール rekishi1607@mable.ne.jp
添付(PDF) 松江歴史館 企画展「長澤蘆雪 ー躍動する筆墨ー」.pdf