オキチブセキへキ

観光スポット

隠岐知夫赤壁

00000ed3

隠岐・知夫里島の西海岸にある、およそ1kmにわたって荒々しく削りとられた断崖。ザックリとえぐられた赤茶色の岩肌は、紺碧の海によく映える。高さ50〜200mの断崖は、時刻とともに色を変化させ、夕日を受けると特にドラマチックである。
断崖の色彩は、その断崖を構成する粗面安山岩質の凝灰岩(鉄分を含有する)の風化の度合いによって、赤、黄、紫色などに変化し、玄武岩の黒、粗面岩脈の白色などが強烈なコントラストをなしている。中でも、昇龍岩と臥岩は見事で、夕日を受けると岩肌は深紅に輝く。
朝鮮半島の白山火山系に属し、マグマの墳出の跡を鮮明にうかがい知ることができる。
昭和10年(1935)12月に国の名勝および天然記念物に指定されており、国立公園の特別保護地区にもなっている。

近隣の施設を見る
住所 隠岐郡知夫村
お問合せ先

知夫里島観光協会

隠岐郡知夫村

〒684-0100

電話:08514(8)2272

FAX:08514(8)2272

アクセス ●隠岐汽船 来居港からタクシーで約15分