ニットウホタタラ

観光スポット

日刀保たたら

3827 nittouhotatara 001 2

 日本刀の制作には、すぐれた玉鋼(たまはがね)が材料として欠かすことが出来ない。この玉鋼を作るには、これまた、日本の伝統的技術のたたら吹きによらなければならない。しかし、大正14年(1925)にたたらの火はすべて消え、その後、昭和8年(1933)から20年(1945)まで、仁多郡横田町大呂(おおろ)の安来製鉄鳥上工場内に、玉鋼製造のため、「靖国鑢(やすくにたたら)」が付設され、操業されていたが、これも戦後に操業停止された。重要美術品、文化財としての日本刀の材料玉鋼の在庫品不足から、日本美術刀剣保存協会(略称、日刀保)が、旧靖国鑢の施設を復元して昭和52年(1977)11月に操業を開始したのが日刀保たたらである。
 たたらの築造とその操業方法に精通した村下(むらげ)と呼ばれる総監督や、そのほか吹子大工、鋼造(かねつくり)工などの技術者が生存しており、靖国鑢操業時のままの玉鋼を生産している。村下の木原 明は国の選定保存技術、玉鋼製造技術保持者である。

近隣の施設を見る
住所 仁多郡奥出雲町大呂529
お問合せ先

公益財団法人日本美術刀剣保存協会

東京都渋谷区代々木4-25-10

〒151-0053

電話:03(3379)1386

FAX:03(3379)1389