コウコクジ

観光スポット

康国寺

Kokoku ji temple

 三光国師によって南北朝時代に創建されたという臨済宗の名刹。大雲山。

 書院の北側に設けられた枯山水庭園は、江戸時代中期から末期にかけてつくられたもので、天保8年(1837)韜光和尚(とうこうおしょう)の代に完成した。

 白砂の平庭には書院から北へ三筋の風石が連なり、左手に伸びた石の先には10万平方メートルもある貯水池がある。この貯水池とそのむこうの旅伏山(たぶしさん)へ続く森林は、借景として取り入れられている。右手は飛び石から二条のあられ敷きの延べ段へと続き、北側の金閣寺垣へ導かれる。庭の右側と正面は刈り込みと植え込みで自然に区画され、左側の森林の繁みと対になっている。このように自然の背景と庭は区切られることなくしっくり溶け合い、庭園は簡素な中にも細やかな意匠が施されている。

 軒下はしっくいのたたきになっており、中央には自然石と花崗岩の切石の沓脱(くつぬぎ)石が置かれている。座って静寂の中で庭園を観賞するのも趣きがある。

近隣の施設を見る
住所 島根県出雲市国富町1301
お問合せ先

康国寺

島根県出雲市国富町1301

〒691-0011

電話:0853(62)2213

FAX:0853(62)2255

アクセス 一畑電鉄旅伏駅から徒歩15分
料金 300円(20名以上270円)/人
営業時間 <利用可能時間(営業時間)> 8:00〜18:00
<定休日(利用可能期間)> 不定休
駐車場 30台 無料
ユニバーサル情報 156 ec8578c3e02b51835e7c4e63341552c91e4be6f106bfd52f771d24e10bb9f057
洋式トイレあり