ウキヌノノイケ

観光スポット

浮布池

00001d55

 三瓶山の西山麓にあり、三瓶山の噴火によって河川がせきとめられてできた「せきとめ湖」である。面積13万5,100平方メートル、最深部3.5m。静間川の源にあたる。伝説では、長者の娘邇幣姫(にべひめ)大蛇に変身した若者に誘われ、池に入水。その後池面に姫の衣が白線を描いて輝き、白い布が浮かぶようになったとされている。

 柿本人麻呂の「君がため浮沼(うきぬ)の池の菱採(ひしつ)むとわが染めし袖ぬれにけるかも」は、この池で詠んだものといわれている湖畔には、ペンションもあり夏にはボートなどが浮かび緑陰の湖として賑わう。

近隣の施設を見る
住所 大田市三瓶町
お問合せ先

一般社団法人 大田市観光協会

島根県大田市仁摩町仁万 562-3

〒699-2301

電話:0854(88)9950

FAX:0854(88)9960

アクセス JR大田市駅からバス40分 徒歩10分
駐車場 駐車場はないが、数台駐車可。



西の原駐車場(約100台)から徒歩10分
URL http://www.ginzan-wm.jp/spot/1805