スガヤタタラサンナイ

観光スポット

菅谷たたら山内

563

<国・県指定別>重有民

 <建造年月日>宝暦元年(1751)

<指定年月日>昭和42年11月11日

<備考>敷地・建造物とも

<概要>ここでは、たたら製鉄によって隆盛を極めた時代を偲ぶことができます。鉄師(たたらの経営者)田部家の元で、たたらに従事した職人達の子孫は今もその家並みを残し、当時の風景を伝えています。山内生活伝承館では、当時の生活に使われていた様々な道具や民具を展示しています。映画「出雲炭焼き日記」も是非ご覧ください。

大正10年にたたらの火が消えてからも、かつてたたらを吹いていた高殿がそのままの姿で今も残っています。(日本でただここ一ヶ所だけです。)

たたら場は、映画『もののけ姫』の舞台にもなりました。高殿造りのタタラで、国の重要有形民俗文化財。砂鉄から製鉄する建物が高殿で、完全な遺構は菅谷のみ。砂鉄と木炭を用いる日本古来の製鉄法をたたらと言います。実際製鉄をしていた建物は高殿と呼ばれ、高殿を含め、たたら師達が住んでいた集落は山内と呼ばれていました。菅谷高殿内では、大正10年(1921)まで操業が続けられました。国内に唯一現存する高殿として昭和42年に国の重要有形民俗文化財に指定されています。※(平成24年度から平成28年度末まで改修工事が行われているので来館の際には要問合せ)

近隣の施設を見る
住所 雲南市吉田町吉田4210-2
お問合せ先

雲南市公益財団法人 鉄の歴史村地域振興事業団

雲南市吉田町吉田4210-2

〒690-2801

電話:0854(74)0350

FAX:0854(74)0600

アクセス 松江道 吉田掛合ICまたは雲南吉田ICより車で約15分



市営バス「高殿入口」より徒歩3分
料金 一般:300円(団体20名以上250円)



小、中学生:200円(団体20名以上150円)
営業時間 <利用可能時間(営業時間)> 開館時間…9:00〜17:00(入館は16:00まで)



休館日…月曜日(祝日の場合は翌日)
<定休日(利用可能期間)> 月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は火曜日)
駐車場 5台
メールアドレス zaitetu@i-yume.ne.jp
URL http://www.tetsunorekishimura.or.jp/