島根のご当地鍋特集
イノシシ鍋
猪鍋は白味噌ベースのだしで食べる『ボタン鍋』と呼ばれる鍋が主流。また猪肉をボイルして、もみじおろしとポン酢で食べるさっぱり『みぞれ鍋』、燻製した猪肉に山芋、キノコ類と食べる『燻製鍋』なども。

◆安来苑

島根県安来市古川町478
TEL:0854-28-6262

◆雲南市観光協会

雲南市内旅館・料亭等
TEL:0854-40-1054
猪・キジ鍋
猪の狩猟時期は11月〜2月で冬季ならではの鍋。ボタン鍋、すき焼きの他に独特のたれを使った鉄板焼きもあります。キジは養殖したもので、水炊き、キジ鍋などで食べます。

◆山水館

島根県雲南市大東町中湯石
TEL:0854-43-2082

◆雲南市観光協会

雲南市内旅館・料亭等
TEL:0854-40-1054
荒神鍋
文献などから古代食を再現し、現代人の好みに合うようにアレンジしてあるオリジナル鍋。
食物繊維と蛋白質の絶妙な組み合わせは、美容と健康に最適なバランスのとれた健康鍋です。

◆湯の川温泉 松園

島根県出雲市斐川町学頭1683-5
TEL:0853-72-0024
鴨鍋
くせがなく、食べやすい合ガモを使用。鴨肉は火が通りやすいのでしゃぶしゃぶのように手早く煮ます。鍋の最後にはうどんやそばを入れていただくとさらに美味しいです。

◆笹遊里

島根県邑智郡川本町川下3005-2
TEL:0855-72-2450

◆川本町観光協会

TEL:0855-72-0636
へかやき鍋
季節の魚や野菜、豆腐などをふんだんに使い、醤油や酒で味付けします。ボリュームと栄養満点な鍋です。「へか」とは方言で農機具のことで、昔鉄鍋代わりに使ったことからそう呼ばれています。

◆大田市観光協会

大田市内旅館・料亭等
TEL:0854-89-9090
あんこう鍋
アンコウは深海魚ですので見た目はグロテスクですが、熱湯をくぐらせると美味しそうなピンク色になります。野菜と一緒に鶏ガラだしの鍋に入れて、薬味を添えて食べる珍味です。

◆浜田市観光協会

浜田市・大田市内旅館・料亭等
TEL:0855-24-1085

◆大田市観光協会

TEL:0854-89-9090

◆あんこう鍋

どんちっち鍋
「どんちっち」とは、神楽の囃子を表現する幼児言葉で、それが転じて石見神楽全体を意味しています。 鍋にはカレイ、アンコウ、ノドグロ、イカ、アナゴ、アジ、サバなどを入れ、色々な味付けでいただきます。

◆浜田市観光協会

浜田市内旅館・料亭など
TEL:0855-24-1085
すっぽん鍋
スッポンは滋養強壮に効果があり、栄養満点です。酒と水を半々に入れた鍋に、ぶつ切りにしたスッポンを入れ、中火で2時間程度煮込むと溶けるように柔らかくなります。

◆浜田市観光協会

浜田市内旅館・料亭など
TEL:0855-24-1085

◆益田市観光協会

益田市内旅館・料亭など
TEL:0856-22-7120
酒蔵鍋
鱈、椎茸、豆腐など鍋定番の材料に、造り酒屋の酒粕、味噌、出汁でまろやかな味わいに。酒粕の匂いはなく苦手な人も気にならない。芳醇で上品なコクが、具それぞれの持ち味を活かし、体の芯から温まる鍋。(※冬の限定メニュー)

◆津和野旅館組合

◆津和野町観光協会

津和野旅館組合加盟店など
TEL:0856-72-1771
カニすき
松葉ガニの本場、隠岐のかにづくしはボリューム満点で、かに鍋、一枚付け、焼きガニとまさにカニづくしで山陰冬の味覚の王様です。

◆(社)隠岐の島町観光協会

隠岐の島町内各旅館・民宿など
TEL:08512-2-0787
しまね観光ナビトップ