島根のゲレンデ情報をチェックしよう!
ハロースノーキッズ2017

瑞穂ハイランド

瑞穂ハイランドは西日本のゲレンデの中では標高が高く、良質のパウダースノーを存分に味わえるダイナミックなゲレンデ!浜田道・瑞穂ICからすぐのアクセスのよさで、県内や広島方面からのスキー客はもとより、九州などの遠方からのお客さんにも大人気。

オススメのコースはなんと言っても2,600mのロングクルージングを楽しめる「チェスナットコース」!ゴンドラで快適に頂上までたどり着く事ができます。

場内には託児所やプレイルーム、ロッカールーム、更衣室、レンタル・チューンナップショップなどの便利な設備があります。また計3ヶ所にあるショップでは地元特産のお土産品や、ブランド品を中心とした本格的スノーグッズも扱っています。 さらに特筆すべきはレストラン&カフェの多さ。計7ヶ所の飲食スポットがゲレンデの各所にあるので休憩にもとっても便利!全部のお店を制覇するのも面白いかも♪

住所 島根県邑智郡邑南町市木6242-19
TEL 代表:0855-85-1111
2016-2017
オープン期間
2016年12月3日(土)〜2017年4月9日(日)予定
営業時間 【平日】8:00〜16:30
【土・日・祝】8:00〜16:30
【ナイター】17:30〜22:00
(ナイター営業はバレーサイドにて、1月・2月の土曜日、12月31日、1月11日を予定)
料金 ◆1日券(通常期間)
【大人】4,800円 【小・中学生】1,000円
◆1日券(オープニング期間、スプリング期間)
【大人】4,500円 【小人】1,000円
※その他利用パターンに合わせて様々なコースあり
URL http://www.mizuhohighland.com/
周辺のおすすめスポット

いわみ温泉 霧の湯 
(香木の森公園内)

一日中思いっきり滑ったら、やっぱり温泉に入って体を温め、くつろぎたいですよね!「いわみ温泉 霧の湯」は、瑞穂ハイランドからすぐのところにあります。白湯の大浴場の他に、ハーブ湯・薬草湯の露天風呂もあり、特に女性に人気です。
香木の森公園には宿泊施設もあるので、泊りがけでゲレンデに行く方にもオススメです。

香木の森公園
http://ohnan-kanko.com/koboku/

琴引フォレストパーク

充実したキッズパークやラクラク移動のムービングベルト(動く歩道)で子供たちも大喜び♪ 木立の中を気持ちよく抜けていける、中級以上向けの各コースもあるので、家族全員で楽しめますよ!

住所 島根県飯石郡飯南町佐見1151番地
TEL 0854-72-1021
2016-2017
オープン期間
2016年12月10日(土)〜2017年3月初旬予定
営業時間 【平日】8:30〜17:00
【土・日・祝・年末年始】8:00〜17:00
料金 ◆1日券
【大人】3,800円 【小人】2,500円 【シニア】3,000円
◆平日割引・学生割引などあります。(詳細は公式サイト)
URL http://ski.kotobiki.co.jp/
周辺のおすすめスポット

琴引ビレッジ山荘

琴引フォレストパークに隣接していてとても便利な施設です。夜は満点の星空を見る事ができます。宴会プランや、スキー場利用者にお得なプランもあります。

http://village.kotobiki.co.jp/

アサヒテングストン

全体をブナの原生林や檜、杉の木々に囲まれた、大自然あふれるアサヒテングストンのゲレンデは、良質のパウダースノーにも定評があります。

ゆったり6人乗りのゴンドラからは中国山地や樹氷、晴れた日には遠く日本海も望めます。
浜田道・瑞穂ICから約8kmなのでアクセスも良好です。

住所 島根県浜田市旭町市木7600
TEL 0855-47-0101
2016-2017
オープン期間
2016年12月下旬〜2017年3月中旬予定
営業時間 8:30〜16:30
料金 ◆1日券
【大人】4,500円 【小人】2,000円 【シニア】4,000円
◆5時間券
【大人】3,500円 【小人】1,800円 【シニア】3,000円
◆3時間券
【大人】3,000円 【小人】1,500円 【シニア】2,500円
URL http://www.asahi-tengusuton.com/
周辺のおすすめスポット

リフレパークきんたの里

ラドン泉の露天風呂と、新鮮野菜のサラダバーなど地元食材を使用した食事が楽しめる施設です。本格マッサージ機が多数揃ったリラックスコーナーは遊びつかれた体には嬉しい♪

http://www.kinta.sd.web-sanin.jp/


旭温泉

柔らかい肌触りが特徴のやさしい温泉。ほどよい温かさなので、のんびり浸かって一日の疲れをとることができます。春は桜、夏はホタル、秋には神楽と、四季を通じて楽しめます。

http://asahionsen.net/

三井野原スキー場

三井野原の特徴はなんといっても、 三井野原駅から徒歩約5分、国道314号線もすぐ目の前なので、車や電車でのアクセスがラクラク♪駐車場が無料なことや、チケット料金がリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

なだらかな斜面で見通しも良いスキー場なので、スノースポーツ初心者や、子供連れのファミリーにもおすすめです。

住所 島根県仁多郡奥出雲町八川三井野原
TEL 奥出雲町役場観光推進課:0854-54-2504(平日のみ)
道の駅奥出雲おろちループ:0854-52-3111
2016-2017
オープン期間
2016年12月23日(金)〜2017年2月28日(日)予定
営業時間 【平日】8:30〜17:00
【土・日・祝】8:00〜17:00
料金 ◆リフト1日券
【大人】2,500円 【小人】800円
URL http://www.town.okuizumo.shimane.jp/miinohara/
周辺のおすすめスポット

三井野原の宿

三井野原スキー場は奥出雲町と、たくさんの個人旅館・民宿が経営するゲレンデの集合です。つまり、ゲレンデ周辺には宿泊施設がたくさん!滑ったあとに宿まで移動するのは大変ですが、三井野原なら歩いてすぐなのでとっても便利♪

知っておこう!ゲレンデマナー

ちゃんとマナーを確認して、みんなで楽しく安全にスノースポーツを楽しみましょう!

◆ゲレンデ内の滑走禁止エリアには入らない!
とても基本的なことです。腕に自信があっても絶対にやめましょう。同じくリフトの下でずっと滑っているのも危険です。

◆リフト降り場からはできるだけ速やかに離れましょう!
次の人が降りて来る際に邪魔になる事があります。接触することも!
転んでも気にしないで、立ち上がらなくてもいいのでなるべく早く避けるようにしましょう。
スノーボードのバインディングも、他の人の邪魔にならない場所に移動してから装着しましょう。

◆スノーボーダーはゲレンデの真ん中で座り込まないように!
スキーと比べてスノーボードは滑っていない状態でずっと立っているのはちょっと辛い。だからといって真ん中に座っていると周りの人に迷惑です。どうしても途中で疲れてしまったら、ゲレンデのなるべく端のほうで休むようにしましょう。

◆スキーとスノーボードの特性を理解しましょう!
スキーヤーとスノーボーダーがお互いに楽しく、安全にすべるためには両者の違いを知っておくことも重要です。 特に知っておいて頂きたいのは、スキーのターンとスノーボードのターンリズムの違い。スキーは前方の視野が広くとれ小回りがききやすいですが、スノーボードは背面ターン時の視野が狭く、またターンはスキーに比べてゆったりとしたリズムになります。スキーは進行方向に対して体を正面に向けていますが、スノーボードは体を横向きにしてひねった状態で滑るので、まったく同じ動きをすることはとても難しいのです。お互いの動きが予測できなくて接触事故、ということを避けるためにも、これらについて知っておくことは重要ですね。