どうして石見銀山が世界遺産なの?

石見銀山遺跡は、島根県のほぼ真ん中に位置する大田市大森町を中心とし、旧温泉津町、旧仁摩町を含めた現大田市の広い範囲に広がる遺跡です。
遺跡の範囲は大きく3つに分けられ、「銀鉱山跡と鉱山町」「街道(石見銀山街道)」「港と港町」からなります。



大航海時代の16世紀、世界で流通した銀のおよそ3分の1が日本の銀であり、さらにそのほとんどが石見銀山で産出されたものであったと言われます。
その影響力の大きさを示すのが、当時ヨーロッパで作成された世界地図(左図)です。日本の中でも「石見銀山」は非常に大きく扱われており、その存在の大きさを表しています。
石見銀山の特徴は、自然を破壊せず、環境に配慮した「自然環境と共存した産業遺跡」であることです。そしてこれが、世界遺産として評価された重要なポイントです。

石見銀山まち歩きマップ 詳しいマップはこちら 銀の店 中村製パン 鶴の石 群言堂 石見銀山本店 Cafe住留 銀の小径 西性寺 石見銀山資料館 勝源寺 熊谷家住宅 五百羅漢 大森の町並 龍源寺間歩 石見銀山世界遺産センター 釜谷間歩と謎の岩盤遺構 大久保間歩 石見銀山のお楽しみスポット 世界遺産石見銀山の主要スポット 石見銀山駐車場情報 石見銀山はガイドと歩こう! 〜その他のガイドコース〜
銀山観光にはベロタクシー&レンタサイクルが便利

環境を大切にした鉱山ということが評価された、世界遺産石見銀山。だから観光もエコでなきゃ、ということで、排気ガスやゴミを出さず環境を大切に見学するのが石見銀山観光の基本です。車は駐車場に置き、のんびり徒歩で散策するのがオススメですが、ちょっと疲れた時、あるいは体力に自信がないという方にも、強力な味方が登場!2人まで乗れるエコな乗り物ベロタクシーです。

頼もしいドライバーさんに乗せてもらい、とっても快適!走った距離によって、どれだけCO2削減に貢献できたかわかるメーターも搭載で、何だか乗っていて嬉しいキモチになれますよ。

そして元祖エコな乗り物といえば、やっぱり自転車。レトロな大森の町並みにも似合うし、龍源寺間歩方面に行く時もレンタサイクルは便利です。さわやかな風に吹かれながら、銀山をゆっくりサイクリングしてみたいですね。

<ベロタクシー石見銀山 ライナス・ワン>
[貸出場所]銀山公園、新切間歩、大森代官所跡など
[料金]初乗り500m 300円(子供200円)※小学生まで子供料金、3歳以下無料
100m超えるごとに50円(子供は30円)上乗せ
走行中の観光ガイドはオプション:一人あたり300円
[時間]9:00〜17:00(天候により運休の場合があります)
[TEL]080-1645-0212
[URL]http://linus-one.com/

<レンタサイクル(河村石油店)>
[貸出場所]貸自転車河村(代官所跡)、貸自転車弥七(大森バス停)
[料金]電動自転車2時間700円、普通自転車3時間500円
[時間] 9:00〜17:00
[TEL] 0854-89-0633(代官所前)、080-4264-0087(大森バス停)

観光大使がオススメするみどころ

しまね観光大使 青山愛さん

石見銀山遺跡の中でも最大級の規模の大久保間歩に入ることが出来たのは貴重な体験でした。銀山についてより深く知るには、やはりガイドさんと一緒に歩くことをおすすめしたいと思います。古民家カフェは、なごみの空間でした。町並み歩きの途中で、ぜひ立ち寄ってほしいです。私が飲んだキャラメルモカアイスコーヒーは甘すぎずとてもおいしかったです。

しまね観光大使 青山 愛 さん

しまね観光大使 渡邉麻美さん

世界遺産センターでは、自分が日本史好きなのもあり、銀山の歴史の全てを興味深く知ることができました。
大森の街並みは、四季折々の風を感じながら気軽に好きな場所に立ち寄れるサイクリングをぜひお勧めしたいと思います。ちなみにCafe住留で頂いた『ゆずサイダー』は、甘さも控えめでとても飲みやすく、大人味のサイダーでお勧めです!

しまね観光大使 渡邉麻美さん

しまね観光大使 小川千春さん

大久保間歩の中は真っ暗で外よりもひんやりしていて、まさに探検!といった感じでした。懐中電灯を片手に少しずつ前に進んで行くのは、ドキドキワクワクでした。
街道の方へ行くと、なんともレトロな町並みが続いていて、軒を連ねる店に立ち寄りながらブラブラ歩いても楽しいと思います。
ご家族で、お友達同士で、カップルで、ぜひ石見銀山に足を運んでみてくださいね。

しまね観光大使 小川千春さん

おすすめ周辺スポット

温泉津温泉

小さいけれど優しい雰囲気の温泉津(ゆのつ)温泉街。大正時代の建物もあり、まるでタイムスリップしたよう。「泉薬湯」と「薬師湯」、2つの元湯があるのが特徴です。
昔から湯治場として人気の温泉津温泉で、旅の疲れを癒してみませんか。

<温泉津町観光協会>
http://www2.crosstalk.or.jp/yunotsu/

三瓶温泉

三瓶登山やハイキング客の癒しの場として人気のある三瓶温泉。こちらも昔は湯治場として賑わっていました。
秋から冬にかけては霧海を見ることができます。露天風呂に入りながらのその眺望は素晴らしいものです。

<三瓶温泉(銀の旅路〜ぎんたびねっと〜)>
http://www.visit-ohda.jp/784.html

有福温泉

江津市・有福温泉の元湯「御前湯」。大正ロマン溢れるレトロな外観で人気です。他にも2つの共同浴場や、宿泊施設が軒を連ねる温泉街です。
また、有福温泉は「美人の湯」としても知られています。女性必見です!

<有福温泉(江津市観光協会)>
http://www.gotsu-kanko.jp/03_onsen/01_arifuku/index.html

仁摩サンドミュージアム

ドラマ「砂時計」で一躍有名になったサンドミュージアム。一年砂時計の大きさは圧巻です!

<仁摩サンドミュージアム>
http://www.sandmuseum.jp/

三瓶山

夏はキャンプ、冬はスノースポーツと、それぞれの季節ごとにあわせてレジャーが楽しめます。

<三瓶山(銀の旅路〜ぎんたびねっと〜)>
http://www.visit-ohda.jp/124.html

三瓶自然館サヒメル

島根の自然を紹介する博物館。三瓶小豆原埋没林の展示、プラネタリウムなどがあります。

<三瓶自然館サヒメル>
http://nature-sanbe.jp/sahimel/

しまね海洋館アクアス

人気者のシロイルカやペンギン達がお出迎え♪ファミリーにもオススメの水族館です。

<しまね海洋館アクアス>
http://www.aquas.or.jp/

和田珍味本店

和田珍味本店のレストスペースからは雄大な日本海を望むことができます。この夕焼け風景は、国土交通省の「とるぱ」ランキングで全国1位を獲得しました。

とるぱ…国土交通省が認定・設置する、安全な駐車場と撮影スポットのセット。「撮るパーキング」の略。

<和田珍味本店>
http://wadachinmi.co.jp/

掛戸(かけど)松島

大田市久手町にある景勝地。長年の波風に浸食された高さ14mの搭状の岩の上に1本松がそびえています。
夕焼けに照らされて浮かぶ姿は感動的!

<掛戸松島>
http://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/186

キララ多伎

国道9号線に面した道の駅で「夕日百選」に選定されています。

目の前にはキララビーチが広がり、夏は多くの海水浴客でにぎわいます。

<キララ多伎>
http://www.kirara-taki.co.jp/

琴ヶ浜

歩くとキュッキュッと琴の音のように鳴る「鳴り砂」の浜として知られています。日本の音風景・百選、日本の渚・百選に選ばれた海岸からの夕日は格別です。

<琴ヶ浜(銀の旅路〜ぎんたびねっと〜)>
http://www.visit-ohda.jp/547.html

アクセスマップ

リンク

<#counter>