SL貴婦人が夢を乗せて走る

山陰の小京都・津和野はSLの似合う町としても有名です。近代化・合理化の波や、災害など幾度かの困難を乗り越えて復活したSLやまぐち号は、新山口から津和野までの62.9kmを、多くの人の夢と希望を乗せて走り続けています。

貴婦人の名で愛されるSLやまぐち号と津和野
「貴婦人」の愛称でファンに親しまれる「C571」は、新山口を出発して湯田温泉や山口市、長門峡などを通過し、山陰の小京都・津和野までを約2時間かけて走ります。
津和野駅のSLやまぐち号

津和野駅に到着したやまぐち号。間近に見ると、黒い鉄の車体に大きな車輪、蒸気などすごい迫力です。

SLやまぐち号客車内部

レトロな客車は、明治風・大正風・昭和風・欧風・展望車風と5タイプあります。

太皷谷稲成神社

太皷谷稲成神社の境内からは津和野の町が一望でき、SLが走る町並みは絵はがきのようです。

ココがおすすめ!津和野SL撮影スポット
津和野周辺でSLを見たり撮影したりするのに人気のスポットをご紹介します。(新山口から津和野方面が「下り」、新山口方面が「上り」となります。)
津和野大橋

津和野大橋(下り・上り)

津和野中心街にある撮影スポットなので、だれでも気軽に撮影できます。汽笛を鳴らし鉄橋を渡るやまぐち号を見ることができます。

本門前踏切

本門前踏切

山口方面への上りの定番撮影地で、力強い走りを長く見る事の出来るポイントです。
踏切先に駐車場があります。

中座踏切

中座踏切(上り)

小高い丘の中腹から、赤瓦の町並みを走るSLを俯瞰できるスポットです。遠景に国道9号線に建つ赤い大鳥居も望めます。

名賀地区

名賀地区(下り・上り)

山口県との県境に近い、白井トンネルに入る直前の登りで、煙を吐きながら疾走する姿をとらえることができる人気スポットです。駐車場とSL茶屋もあります。

SLやまぐち号撮影スポット

SL茶屋
SL茶屋
SLやまぐち号の人気撮影スポット・名賀地区には、駐車場とSL茶屋があり、地元の方々があたたかくおもてなしします。
やまぐち号が走る時には、その雄姿を一目見ようと、多くのファンでにぎわいます。

SLやまぐち号撮影についてのお願い

  SL撮影は次のマナーを守って安全に、互いに気持ちよく楽しみましょう!

  • 列車、線路、踏切に近づかない
  • 違法駐車はしない
  • 私有地や鉄道用地に無断で入らない
  • 列車を追いかけての撮影は危険ですのでやめましょう
  • ゴミ・タバコ等のポイ捨てはやめましょう

※(1)(4)は運転再開記念で重連運行となっている写真です。通常運行とは異なります。

ココが見どころ!転車台で機関車が方向転換
転車台
整備・補給中
津和野駅に到着したSLは客車をホームに残し、機関車だけが駅の東にある転車台に移動します。
転車台はターンテーブルとも呼ばれ、車両の向きを変えるための設備です。
鉄道の近代化とともに姿を消し、現役で活躍する姿を見れるのは、全国的にも大変貴重です。
やまぐち号は、ここで点検や水の補給などを行い、方向転換をして、再び山口方面に向かいます。

より詳しいSLやまぐち号の情報・時刻表など
ココが定番!津和野厳選スポット
太皷谷稲成神社
太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)

津和野城の鎮護と領民の安穏を願って建てられた神社で、日本五大稲荷の一つ。朱塗りの本殿や千本鳥居が美しい。

殿町通り
殿町通り

城下町・津和野を代表する歴史的な景観が残る通りで、白壁や、掘割に泳ぐ色とりどりの鯉が、道行く人々の目を楽しませます。

安野光雅美術館
安野光雅美術館

津和野町出身の世界的な画家・安野光雅先生の作品を中心とする、遊び心あふれた美術館。

津和野ご当地グルメ&SLグッズ
うずめ飯
うずめ飯

うずめ飯は、ご飯の下に小さく刻んだ具がうずめてある、津和野を代表する郷土料理です。

押し寿司
押し寿司

山間部や西部地方に伝わる伝統食で、もともとはひな祭り、結婚式などに作られていました。

芋煮
芋煮

芋煮は津和野の秋の風物詩。地元産里芋と、あぶり小鯛のだし汁の芋煮は絶品です。

黒い稲荷寿司
黒いいなり寿司

弥栄神社前にある、美松食堂の名物・黒いいなり寿司。見た目は濃いですが味は美味と評判!

源氏巻・笑小巻
源氏巻・笑小巻(えみこまき)

津和野の伝統的な和菓子。一口サイズに笑顔の焼印を押された、笑小巻も若い女性に人気。

SLグッズ
SLグッズ

津和野駅の売店には、SLのプレートや、チョロQ、キーホルダーなどの、SLグッズがたくさん!

津和野 町あるき
旅の予約