水木しげるロード
「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親、水木しげる氏の出身地で「妖怪の町」として名高い境港。
「妖怪の町」の中心「水木しげるロード」は妖怪ブロンズ像をはじめ、お店も駅も交番も、はたまた外灯から公園まで、何から何まで妖怪づくしの町ごとテーマパーク。
1993年に誕生した水木しげるロードは2018年7月に25周年を迎えて大リニューアル!ますますパワーアップしました!子どもから大人まで、世代を問わず楽しめる妖怪ワールドをまるごとガイドします。

©水木プロ

水木しげるロードの見どころ

「水木しげるロード」の人気の原点はもちろん「妖怪ブロンズ像」。それに加え、長く愛されてきた秘密は、町の至るところで見かけるアイデア一杯の楽しい遊び心にあります。初めての方からリピートの方まで、何度訪れても楽しめる魅力の数々をご紹介します。
水木しげるロードマップ

妖怪ブロンズ像

水木しげるロードが誕生した時の妖怪ブロンズ像は全23体。その後、年々数は増え2018年には全177体になりました。今にも動き出しそうな生き生きとした妖怪たちの姿をお楽しみください。

鬼太郎

鬼太郎

超能力で悪の妖怪と戦うヒーロー・ゲゲゲの鬼太郎。10体の鬼太郎像があるので探してみよう!

目玉おやじ

目玉おやじ

亡くなった鬼太郎の父親の目玉に魂が宿り復活した目玉おやじ。茶碗風呂に入るのが大好き。

ねずみ男

ねずみ男

悪知恵がはたらき話術は巧みだが怠け者。人間と妖怪のハーフで、怪奇とお金をこよなく愛する。

ねこ娘

ねこ娘

普段はおとなしい女の子ですが興奮すると化け猫に変身します。

JR境港駅(鬼太郎駅)・みなとさかい交流館

鬼太郎列車

鬼太郎列車・車内
鬼太郎列車・看板

鬼太郎列車
鬼太郎列車

鳥取県米子市から妖怪の町・境港へ続くJR境線。鬼太郎をはじめ目玉おやじ、ねこ娘など6種類の「鬼太郎列車」が走ります。車体はもとより、車内の天井や座席などに鬼太郎や仲間たちがたくさん。また沿線の各駅は「ねずみ男駅」など、妖怪の名前を使った愛称がつけられていて、停車の度に楽しめます。もちろん境港駅は「鬼太郎駅」!
隣接する「みなとさかい交流館」は隠岐諸島と本土を結ぶ境港のフェリーターミナル。フェリー乗り場の他、観光案内所や各種店舗、「まんが王国とっとり」の展示フロアなども併設しています。建物の外壁には、鬼太郎ファミリーや山陰ゆかりの妖怪が描かれた巨大壁画があり圧倒されます。

住所:鳥取県境港市大正町1-28
営業時間:7:30~18:30(みどりの窓口)
詳細情報:JRおでかけネット

世界妖怪会議

世界妖怪会議

水木しげるロードのリニューアルに合わせ、2017年に新しく登場したスポット。
鬼太郎と目玉おやじのブロンズ像を中心に、妖怪ブロンズ像が集まり会議を開いています。
周囲には鬼太郎や悪魔くんのイラストパネルも設置されており、ブロンズ像だけでなくパネルと一緒に記念撮影もできるフォトスポットです。

日本でココだけの妖怪神社

妖怪神社

妖怪おみくじ
目玉おやじ清めの水

妖怪神社の前には「目玉おやじ清めの水」があり、目玉おやじをイメージした御影石の球体がクルクルと回っています。一反木綿を象った鳥居をくぐると、御神体の黒御影石と樹齢300年のケヤキ、不思議な逸話を持つ「目玉石」があります。からくり人形が運んでくれる「妖怪おみくじ」や、願いごとを書いて奉納する「妖怪絵馬」なども人気です。

住所:烏取県境港市大正町62-1
営業時間:9:00~18:00
お問合せ:TEL 0859-47-0520(株式会社アイズ)
詳細情報:公式サイト

憩いのスペース・河童の泉

憩いのスペース・河童の泉

水木しげるロード内の妖怪広場にある「河童の泉」。「河童の三平」の主人公・三平や河童、小豆洗いなど、水に関係する妖怪たちの他、悪魔くん、タヌキなど計9体のブロンズ像が配置されています。池を泳ぐねずみ男や鬼太郎の小便小僧など、妖怪たちの愛嬌溢れる姿を楽しめる憩いの場となっています。泉から噴き出す霧の演出にも注目です。

住所:鳥取県境港市大正町
営業時間:終日開放
お問合せ:TEL 0859-47-0121(境港市観光協会 観光案内所)
詳細情報:境港市観光協会

ミニテーマパーク・ゲゲゲの妖怪楽園

一反木綿すべり台・鬼太郎の家

おでん缶
がしゃどくろ

入り口では妖怪ゲートや巨大ぬりかべがお出迎え。広場にある「鬼太郎の家」や「一反木綿の遊具」で遊んだり、巨大な「がしゃどくろ」と記念写真を撮影したり、色々な楽しみ方ができます。お土産にぴったりな各種妖怪グッズも揃い、「妖怪おでん缶」など限定オリジナルグッズも豊富です。喫茶・軽食を楽しめる「妖怪茶屋」の「妖怪ラテ」も人気です。

住所:鳥取県境港市栄町138
営業時間:9:30~18:00(季節により変更あり/年中無休)
料金:入場無料
お問合せ:TEL 0859-44-2889
詳細情報:公式サイト

ゲゲゲのパワースポット・鬼太郎妖怪倉庫

妖怪倉庫・鬼太郎

妖怪倉庫・ぬりかべ
妖怪倉庫・外観

妖怪たちが潜む真っ暗な倉庫内を探検する、こわいけど楽しい妖怪お化け屋敷です。約100メートルの通路に妖怪30体が登場。鬼太郎ファミリーの持つ霊的パワーを授けてもらい、日常の穢れや災厄を祓い清めるパワースポットとして、出口付近の摩尼車という厄落としの妖石で運気を上昇させたり、絵馬下駄で祈願もできます。

住所:鳥取県境港市大正町38
営業時間:(夏期)9:30~19:00 (冬期)9:30~17:00
料金:一般700円、中高生500円、小学生300円
お問合せ:TEL 0859-21-7749(妖怪企画)
詳細情報:公式サイト

鬼太郎やねずみ男に会える!

着ぐるみ・ねずみ男

水木しげるロードを歩いているとひょっこり現れる鬼太郎と仲間たち。握手や記念撮影など楽しく触れあうことができます。
鬼太郎、ねこ娘、ねずみ男、死神、砂かけ婆など、全11体、毎日誰かが水木しげるロードに登場します。誰に会えるかは来て見てのお楽しみ!
また、イベントなど特別な日に行われるのが「ゲゲゲの大行進」。悪魔くん、河童の三平、子泣き爺など仲間が大集合します。

水木しげる記念館

水木しげる記念館・外観

水木しげる記念館・妖怪洞窟
水木しげる記念館・水木先生

水木しげる記念館・鬼太郎の家
水木しげる記念館・トリックアート

「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親・水木しげる氏の人生や作品、水木先生によって描き出された妖怪の世界を紹介するミュージアムです。
妖怪漫画だけにとどまらない水木作品の数々が揃う「漫画ワールド」。アトリエの再現展示や直筆の壁画、代表作の原画(複製)を展示する「水木ギャラリー」。漫画に登場する沢山の妖怪が棲む「妖怪洞窟」など、多彩な展示と演出で水木ワールドに誘います。

住所:鳥取県境港市本町5番地(本町アーケード通り)
営業時間:午前9時30分~午後5時まで(入館受付は閉館30分前まで)
料金:一般700円、中高生500円、小学生300円
お問合せ:TEL 0859-42-2171
詳細情報:公式サイト

リニューアルの注目ポイント

オープン25周年を記念して、新しく生まれ変わった水木しげるロードの注目ポイントをご紹介します。
水木しげるロード全体

歩道が広がり、妖怪風街路樹が並ぶ

昭和レトロな街並みはそのままに、車道を一方通行化することで歩道を拡幅。ベンチや休憩所も増え、より安全で快適に町歩きを楽しめるようになりました。
また、街路樹として「シダレエンジュ」50本を植樹。葉が落ちた後の枝ぶりは曲がりくねっておどろおどろしく、不気味な雰囲気が水木しげるロードにぴったりです。葉がおい茂るとまるで妖怪の棲み家のようになります。(写真は「河童の泉」(妖怪広場)のシダレエンジュ)

歩道が広がり、妖怪風街路樹が並ぶ

妖怪ブロンズ像がゾーン分けされて再配置

妖怪ブロンズ像は新たに24体加わり、全177体(2018年7月現在)になりました。鬼太郎や目玉おやじなどおなじみのキャラクターから一反木綿やぬりかべなど、1つ1つ表情やポーズが異なる妖怪ブロンズ像を見て歩く楽しみや、レアな妖怪を探し出す発見の喜びがあります。
リニューアルに伴い、「森に棲む妖怪」や「身近なところにひそむ妖怪」など、棲む場所や種類によってゾーン分けされ、すべて再配置されました。

妖怪ブロンズ像がゾーン分けされて再配置

夜は妖怪影絵やライトアップが楽しめる

夜間(日没~22:00)の照明演出がスタート。妖怪ブロンズ像や街路樹がライトアップされ、道路には妖怪影絵のスポットライトが映し出されます。
照明演出は水木しげるロード全線で行われ、昼とは異なる夜ならではの雰囲気を楽しめるようになりました。特に「河童の泉」付近は、「目玉おやじの外灯」や大きな「シダレエンジュ」もあり、ひときわ怪しい雰囲気があると評判です。

夜は妖怪影絵やライトアップが楽しめる

水木しげるロードの楽しみ方

遊び心に溢れた水木しげるロードを満喫しよう!楽しみ方や注目ポイントをご紹介します。

妖怪スタンプラリー

妖怪スタンプラリー

水木しげるロード定番の「妖怪スタンプラリー」。まずは境港市観光案内所やロード内のお店などで「妖怪ガイドブック(120円)」を購入し、各所に置いてある妖怪スタンプを集めます。20個以上集めると「妖怪博士」に認定され、35種類のスタンプを全部集めた人には「完走証」が進呈されます。また、20個以上34個以下の人には「のん氣シール」のプレゼントがあります。

妖怪ポスト

妖怪ポスト

水木しげる記念館の中庭にある「鬼太郎の家」の横にあるのが「妖怪ポスト」。ハガキや手紙を投函すると妖怪消印が押されて届けられます。オリジナル絵葉書や切手もあり、家族や友達に、旅の思い出づくりにもぴったりです。また、ポストは境港市観光案内所にもある他、ロード内の店舗にも設置があり、中には5年後に届くという妖怪未来ポストもあります。

水木しげるロードの何だコレ!?スポット

気をつけて歩いてみると、実は町のあちらこちらに水木しげるロードならではの、面白スポットや気になるモノがあります。面白いものを見つけたらさっそくSNSでシェア!
鬼太郎交番

「鬼太郎交番」の看板がかかる境港駅前交番。

鬼太郎マンホール

マンホール蓋にも鬼太郎たちが描かれています。

妖怪ATM

ATMも妖怪屋敷風。看板の注意書きがナイス!

目玉おやじタクシー

何とタクシーも目玉おやじ仕様になっています。

妖怪グッズ・妖怪グルメ

水木しげるロードでの楽しみの一つは、様々な妖怪グッズや妖怪グルメ。ここにしかない、遊び心たっぷりの怪しく楽しいグッズやグルメを探してみましょう!
目玉おやじつまようじ入れ

目玉おやじ爪楊枝入れ

背中にしょったカゴがかわいい、つまようじ入れ。

ぬりかべバッグ

ぬりかべバッグ

とぼけた表情のぬりかべが楽しい色違いのバッグ。

鬼太郎ゲタ

鬼太郎ゲタ

鬼太郎気分でカラコロと気持ちよく散策できます。

妖怪ラテ

妖怪ラテ

妖怪楽園の人気メニュー。アイス、フローズンもあります。

妖菓目玉おやじ

妖菓目玉おやじ

中身は本格和菓子。楽しいアイデアでの撮影が人気!

鬼太郎パン

鬼太郎パン

鬼太郎や仲間たちが、おいしいパンになりました。

千代むすび酒造

妖怪つぼ入り地酒

飲んでよし飾ってよし、日本酒好きのお土産に最適。

一反もめん焼き

一反もめん焼き

一反もめんのイカ焼き。食べるのがもったいない?

境港のご当地グルメ

水木しげるロードのある境港は、カニやマグロなど日本でも有数の水産物の水揚げ量を誇ります。境港で食べたい代表的なご当地グルメをご紹介します。
松葉ガニ・紅ズワイガニ

松葉ガニ・紅ズワイガニ

境港といえばカニの水揚げ量日本一。山陰の味覚の王様・松葉ガニを堪能しませんか?

海鮮丼

海鮮丼

日本有数の水揚げを誇る、境漁港獲れたての新鮮な魚介類を使った、海鮮料理が絶品です。

周辺の観光地とアクセス

せっかく水木しげるロードに行くのなら、近くにある観光スポットも合わせて行ってみたいですね。ちょっと足をのばすだけで、話題のスポットにも立ち寄れます。

周辺観光地

■松江

国宝松江城のある城下町。宍道湖、玉造温泉、八重垣神社なども人気。

国宝・松江城

国宝・松江城

■安来

庭園日本一を誇る足立美術館、安来節が有名。ゲゲゲの女房ゆかりの町。

安来

足立美術館

■出雲

縁結びの聖地「出雲大社」、古代出雲歴史博物館が人気の「神話の国」。

出雲大社

出雲大社

■美保関

福徳円満の神えびす様の総本宮「美保神社」など、歴史・風情ある港町。

美保神社

美保神社

■大根島

中海に浮かぶ大根島。華やかな牡丹と高麗人参の名産地として知られる。

由志園

由志園

■隠岐

国賀海岸やローソク島など、大自然と海の幸に恵まれた絶景の島。

ローソク島

ローソク島

■米子

日本海に面する皆生温泉は山陰最大級の温泉街。夏は海水浴で賑わう。

皆生温泉

皆生温泉

■大山

中国地方最高峰の大山。季節ごとのレジャーを満喫できるリゾート地。

大山

大山

アクセス

水木しげるロードの最寄りの空港は「米子鬼太郎空港(境港市)」と「出雲縁結び空港(出雲市)」の2つがあります。鳥取県と島根県のどちらからでもアクセスが可能です。
米子鬼太郎空港

米子鬼太郎空港

水木しげるロードに最も近い空港。鬼太郎たちもいます。

鳥取県境港市佐斐神町1634
TEL 0859-45-6121
公式サイト

出雲縁結び空港

出雲縁結び空港

出雲大社や松江も合わせて楽しむなら、こちらが便利。

島根県出雲市斐川町沖洲2608
TEL 0853-72-7501
公式サイト

水木しげるロード周遊Map