冬のグルメ旅~島根にカニを食べに行こう!

山陰の冬の名物と言えば、なんと言ってもカニ!11月に漁の解禁を迎えた島根では、各地で美味しいカニを食べることができます。 宿や温泉、冬の名物グルメをはじめとした島根の魅力を交えつつ、カニの種類や人気の秘密、おすすめの料理やお店などなど、島根のカニの楽しみ方をご紹介します。

  • 松葉ガニ
  • 宿&温泉
  • かに小屋
  • 冬のグルメ
  • 関連リンク

松葉ガニ

ズワイガニの中でも、松葉ガニと呼ばれるのは山陰地方で獲れたもののみ。冬の味覚の王様です!

松葉ガニとは

日本海の山陰沖で獲れる成長した雄のズワイガニのことを「松葉ガニ」と呼びます。旨味が凝縮された甘くて上品な味の松葉ガニは、全国に高級ブランドとして珍重されています。漁場は島根県の隠岐諸島の近海が中心で、松葉ガニ漁は寒さが厳しくなり海が荒れる冬場に行われます。それは松葉ガニが一番美味しいとされる時期のため。漁場が近く、生きたまま港に持ち帰れる事も松葉ガニの旨さの秘密。島根県だからこそ味わえる、美味しい松葉ガニをぜひ堪能してください。

松葉ガニの名前の由来

「松葉ガニ」の名前の由来は、細長い脚の形や脚の肉が松葉のように見えるからという説、脚の殻をはいで水につけると松葉のように広がるからという説、漁師が浜まで大鍋を据え松葉を集めて燃やしたからという説など、諸説ありますが、いずれも定かではありません。

活松葉ガニ

「活松葉ガニ」は文字通り“活きている松葉ガニ”のことで、鮮度が命のカニを活きたまま水揚げできるのも山陰のカニ漁の特徴です。漁獲から市場に出るまで丁寧に細心の注意を払い鮮度が保たれます。活松葉ガニならではの新鮮なお刺身やしゃぶしゃぶ、出汁のたっぷり出たカニ鍋など楽しみ方も豊富です。とれたての活松葉ガニをぜひ味わってみてください。

隠岐松葉ガニ

隠岐諸島周辺の海はプランクトンが豊富で様々な魚介類を育む全国でも指おりの好漁場。また、島根では「かに籠漁」と呼ばれる漁法で捕獲するため傷が少なく、鮮度や姿形も抜群です。こうして隠岐諸島近海で獲られた松葉ガニの中から、さらに厳しく選別された最高品質のものが「隠岐松葉ガニ」。青いタグがその証で島根が誇る高級ブランドガニです。

若松葉ガニ

若松葉ガニとは「水ガニ」とも呼ばれる松葉ガニが脱皮したばかりのカニで、殻が柔らかくて軽く、ハサミは細いのが特徴です。松葉ガニに比べると身入りやカニみそは十分ではないですが、身離れが良く食べやすく、お手軽な価格で地元でも人気です。資源保護のため漁期は短く1月下旬~2月末までです。

親ガニ

親ガニとは「セコガニ」とも呼ばれる雌の松葉ガニ(ズワイガニ)のことで、雄に比べサイズは小さいですが、身は甘くカニ味噌は濃厚です。また、親ガニの卵(うちこ・そとこ)は珍味として人気があり、中には松葉ガニより美味しいと言う人もいるほどです。資源保護のため漁期は短く11月上旬~12月末までです。

おいしいカニの見分け方

甲羅が固く、ハサミは太く、ずっしりと重いものが身入りがよい証。脚が脱落したカニは見た目は悪くても、味に影響はありません!中には、甲羅に丸い茶褐色のもの(カニビルの卵)が付着しているカニもあります。これはカニに全く影響はなく、むしろ脱皮してからの期間が長いことを表しているので、身の詰まったカニが多いのです。

カニの美味しい食べ方&おすすめ料理カニの美味しい食べ方&おすすめ料理カニの美味しい食べ方&おすすめ料理

茹でガニ

カニ本来の味を楽しめるカニ料理の定番。お好みでカニ酢でさっぱりと食べるのもオススメです。

カニすき鍋

旬の野菜と共にカニの旨味たっぷりの出汁を楽しめるカニすき鍋。〆の雑炊はもちろん絶品です。

カニ刺し

新鮮な活ガニだからこそ味わえるお刺身。カニ本来の甘味とプリプリとした食感は格別です。

カニしゃぶ

新鮮なカニの風味や食感を堪能できます。火の通し具合によって変化する美味しさを楽しむのも◎

甲羅みそ

濃厚で旨味たっぷりのカニ味噌を甲羅で焼いたクセになる一品。お酒を加えると風味も抜群です。

焼きガニ

香ばしい薫りと濃縮された旨味が魅力の焼きガニ。焼きすぎずに半生ぐらいが食べ頃です。

美味しい「親ガニ」の
食べ方

みそ汁

親ガニの水揚げ量はズワイガニ全体の6割を占め、値段も手頃で地元では欠かせない冬の食材です。この親ガニを使って作るみそ汁はまさに絶品。「そとこ(成熟した卵巣)」の歯ごたえと、「うちこ(未成熟な卵巣)」「カニ味噌」が混ざった独特のコクは、松葉ガニにはない濃厚な味わいが楽しめます。

心ゆくまでカニを楽しむ宿&温泉心ゆくまでカニを楽しむ宿&温泉心ゆくまでカニを楽しむ宿&温泉

宿でゆっくりと楽しむカニ料理は格別! 全国に誇る良質な天然温泉も冬の島根では見逃せない魅力のひとつ

宿でゆっくりと楽しむカニ料理は格別!
全国に誇る良質な天然温泉も冬の島根では見逃せない魅力のひとつ

宿でゆっくりと楽しむカニ料理は格別!
全国に誇る良質な天然温泉も冬の島根では
見逃せない魅力のひとつ

写真提供:玉造温泉 白石家

旅館・ホテルで
カニ料理を堪能

例年11月~3月のカニ漁が解禁される旬の時期、島根県内の旅館・ホテルには松葉ガニのコースや会席料理を堪能できる「宿泊プラン」が登場します。貴重なタグ付きの“活松葉ガニ”をまるごと楽しめる贅沢な「カニづくし」など、宿ならではの多彩な料理の数々で松葉ガニを堪能することができます。また、宿のコースや会席料理なら、他の島根名物を一緒に楽しめるのも嬉しいポイント。宿で旅の疲れを癒しながら、美味しいカニ料理に舌鼓を打ち過ごす至福のひと時は冬の島根旅の醍醐味。例年各お宿のカニ料理付きの宿泊プランは人気なので、早めのご予約をおすすめします。

島根の
天然温泉で湯ったり寛ぐ癒しのひととき

PICK UP!玉造温泉

良質な天然温泉が数多くあり湯処として知られる島根県。玉造温泉は松江市街地から車で約15分、旅館やお土産店などが川沿いに建ち並ぶ風情豊かな温泉街です。効能豊かな温泉は日本最古の湯のひとつとして昔から「神の湯」と呼ばれてきました。美肌スポットや縁結びのスポットも多くあり女性に人気の温泉です。

玉造温泉の
周辺観光
スポット
出雲大社

出雲大社

宍道湖

宍道湖

松江城

松江城

各地で湧き出る温泉は60箇所以上と正に温泉の宝庫の島根県。玉造温泉以外にも“日本三美人の湯”として人気の出雲市にある「湯の川温泉」や“世界遺産 石見銀山”の区域にあり約1300年の歴史がある「温泉津温泉」など、各地で良質な天然温泉を楽しむことができます。

島根の温泉情報はこちら

カニが食べられる美味しい店かに小屋期間限定

山陰の冬の味覚カニ!松江市では日帰りでも気軽に安く美味しいカニを食べられる「かに小屋」が期間限定オープン! この時期しか味わえない旬の味を食べにぜひお出かけください。

毎年冬になると登場する「かに小屋」では、旬の松葉ガニや紅ズワイガニを浜焼きスタイルで楽しむことができます。食材を好きなだけ購入するセルフ形式で、カニの他にも島根の魚介類がリーズナブルに提供されます。カニ汁やじゃがバター、フランクフルトなどサイドメニューも豊富でファミリーでも楽しめるお店です!

■ 期  間 2018年 1月19日(金)~
4月22日(日)
■ 営業時間 11:00~22:00
■ 場  所 松江港湾内白鳥号のりば近く
[MAP]

詳しくはこちら

オススメ!駅弁

旅といえば駅弁! 島根県内のいくつかの駅では、カニを使った駅弁を食べることができます。それぞれ食べ比べてみてください。

一緒に楽しみたい島根の冬グルメ

島根県には、他にも美味しいグルメが盛りだくさん! 島根名物のおすすめグルメをまとめてご紹介します!

島根県には、他にも美味しいグルメが盛りだくさん!
島根名物のおすすめグルメをまとめてご紹介します!

島根県には、
他にも美味しいグルメが盛りだくさん!
島根名物のおすすめグルメを
まとめてご紹介します!

のどぐろ

正式名称は「アカムツ」口中が黒いことから「のどぐろ」と呼ばれている高級魚です。浜田市で揚がるのどぐろは特に脂乗りがよく「白身のトロ」と呼ばれ、その身は甘く濃厚な味わいです。

寒ブリ

厳しい冬の日本海で漁獲されたブリを「寒ブリ」と呼びます。冷たい海で引き締まり、しっかりと脂の乗った身は美味しく、栄養も豊富です。島根県では日御碕沖や益田沖が有名な漁場です。

出雲そば

そばの実を皮ごと製粉するため黒っぽく、香り高いのが特徴です。日本三大そばの一つで「割子そば」「釜揚げそば」など、出雲ならではの食べ方や数多くあるそば店を食べ比べて見てください。

日本酒

島根県には多くの酒蔵があります。自然豊かで美味しい水と空気。蔵人が愛情とこだわりを込めた地酒はその土地によって違います。島根でしか味わえない地酒に舌鼓を打つこと間違いなし!

和牛

島根県のブランド和牛には「しまね和牛肉」「いずも和牛」「隠岐牛」「石見和牛肉」などがあります。豊かな自然の中で育った和牛は、深いコクと風味豊かな味わいでとろけるような柔らかさが自慢です。

しじみ

夕日が美しい宍道湖や出雲の西の地にある神西湖で獲れる「大和しじみ」。島根県は3年連続しじみ漁獲量日本一!(※)昔からしじみは「体に良い」と重宝され、地元ならではのしじみ料理も好評です。

※2016年のしじみ漁獲量

ページトップに戻る