むすぶらり

集合場所とゴールはこちら

集合場所からゴール

GoogleMap

市民に根付く松江の「茶の湯文化」にふれる目的

説明市民に根付く松江の「茶の湯文化」にふれる

ガイドコース

  • 寺町周辺散策

    由緒ある神社や"今も残る松江の古い町並み"を感じながら歩けるスポットです。

  • 風流堂又は三英堂

    三英堂…昭和4年(1929年)創業。三英堂を代表する和菓子は「菜種の里」。家老の命により面高屋新四郎が作り不昧公に調進したといわれています。
    風流堂…明治23年(1890年)創業。風流堂を代表する和菓子は、日本三大銘菓の一つといわれ、松江を代表する和菓子ともいわれている「山川」です。

  • 中村茶舗

    明治17年(1884年)創業。初代中村末吉が、宇治の茶問屋中村吉本店から分家し、松江の地に茶商を開業したのが始まりです。

  • 山陰合同銀行本店展望フロア

    松江市内を一望でき、まちあるきコースで歩いた道を上から見ることが出来ます。

  • 不昧公 二〇〇年祭

    江戸時代の大名茶人松平治郷(不昧公)は、松江藩の財政を立て直し、松江に茶の湯文化を広めました。その文化は200年を経た今も人々に愛され受け継がれています。2018年(平成30年)に松平不昧公は没後200年を迎えます。

●特記事項

  • ※店員10名様までご案内いたします。
  • ※団体でのご参加をご希望の際は事前にお問い合わせ下さい。
  • ※歩きやすい靴でご参加ください。
  • ※途中離団可能です。ただし、参加費の返金はいたしません。
  • ※立寄り店舗が繁忙時には見学できない場合もございます。
  • ※悪天候時や立寄り店舗休業等の際は、催行を中止する場合がございます。催行中止については、当案内所のホームページをご確認ください。
  • ※オプションとして、昼食に松本蕎麦店かま割り蕎麦をつける事もできます。(但し、松本蕎麦店定休日は申込不可、料金650円)詳しくはお問い合わせください。

●お問い合わせ先

一般社団法人 松江観光協会

松江おちらとあるき観光案内所

〒690-0003 松江市朝日町JR松江駅北口

TEL 0852-26-2011

https://www.kankou-matsue.jp/machiaruki/

TOP