むすぶらり

集合場所とゴールはこちら

集合場所からゴール

  • MAPご利用方法 CHECK
  • GoogleMap

月山富田城跡めぐり目的

説明月山富田城跡めぐり

ガイドコース

  • 太鼓の壇公園

    平時は時を告げ、非常時は兵士を招集する太鼓があったという太鼓壇(たいこのだん)という場所があります。現在は春になると、たくさんの桜が咲く名所となっています。

  • 山中鹿介祈月像

    山陰の麒麟児の異名をとる鹿介。「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈ったエピソードで知られ、不僥不屈の精神を持った武将です。

  • 花の壇の屋形

    侍所と主屋(侍所の詰所)。花を植えて心を癒した畑があった。

  • 山中御殿跡

    広さは3,000㎡あり、歴代の城主が居住した曲輪と思われる。お子守口、塩谷口、菅谷口がつながっている。

  • 月山富田城跡

    二の丸からは遥か島根半島まで見渡せ、尼子氏の城下町が眼下に広がります。飯梨川の川底には今でも当時の町並みが眠っています。

  • 巌倉寺(希望者のみ)

    睡虎山巌倉寺は、真言宗の古刹で、出雲観音霊場18番札所に数えられています。本尊の木造聖観音像と脇侍帝釈天立像は国の重要文化財に指定されています。もとは山佐にありましたが、観音様が当時の和尚の夢枕に立ち富田に移りたいというお告げをされたため、現在の場所に移動したという言い伝えがあります。

  • 堀尾吉晴公の墓(希望者のみ)

    堀尾吉晴の墓と伝えられている大型の五輪塔があります。吉晴は月山富田城から松江へ拠点を移動しましたが、遺言により巌倉寺境内に葬られました。また、近くに山中鹿介の供養塔があります。

●特記事項

  • ※先着15名まで。団体で10名を超える場合は3日前までに事前に連絡してください。
  • ※月山ふもとには道の駅「広瀬富田城」があり、広瀬絣センターでは藍染体験が出来ます。(要予約)
  • ※英語での対応可能な場合があります。ご希望の方は事前にお問い合わせください。
  • ※山中を歩きますので、汚れてもよい服装、歩きやすい靴で参加ください。

●お問い合わせ先

安来市観光協会

〒692-0011 安来市安来町2093-3

TEL 0854-23-7667

http://www.yasugi-kankou.com/

TOP