むすぶらり

集合場所とゴールはこちら

集合場所からゴール

GoogleMap

なるほどね!知れば楽しい銀の路 大森の町並み目的

説明なるほどね!知れば楽しい銀の路 大森の町並み

ガイドコース

  • 石見銀山資料館

    江戸時代の代官所跡。庭には百姓一揆などが起こった場合の代官の逃げ道と伝えられる「抜け穴」が2つ残っています。現在は地元に残っている文献資料や、銀鉱石、鉱山道具等が展示されています。

  • 城上神社

    石見銀山の安全栄山を願い、オオモノヌシノミコトを祀る神社。拝殿の天井には龍が描かれ、その下で柏手を打つと、不思議な音が聞こえるとか。

  • 熊谷家住宅

    大森の町政全般に関わる年寄職を代々世襲した熊谷家の居宅。主屋の平面構成や屋敷構えに特徴があり、国の重要文化財に指定されています。

  • 西性寺

    江戸時代の後期に建てられた浄土真宗のお寺。経典を納める経蔵の壁には、左官さんが鏝を使って立体的に描いた鏝絵(鏝絵の神様・松浦栄吉作)があります。

  • 観世音寺

    江戸時代毎年正月に「天下泰平銀山繁盛」を祈願した幕府の勅願寺といわれた真言宗のお寺。33体の弘法大師像が並んでいるところから見える景観は必見です。

  • 栄泉寺

    曹洞宗のお寺。芋代官と呼ばれた井戸平左衛門が、このお寺で旅の僧からサツマイモについて聞かされたといわれています。三門は日光の皇嘉門に似ています。

  • 羅漢寺(五百羅漢)

    銀山の坑夫の安全と供養のために作られた500体もの羅漢像が安置されています。川に掛けられた3つの反り橋は、20個の福光石だけでアーチを構成しており、創建当時の姿をとどめています。

●特記事項

  • ※先着15名までをご案内します。
  • ※原則、有料施設(羅漢寺、熊谷家)には入場しません。

●お問い合わせ先

石見銀山ガイドの会

〒694-0305 大田市大森町イ824-3

TEL 0854-89-0120

http://iwamiginzan-guide.jp/

TOP