むすぶらり

集合場所とゴールはこちら

集合場所からゴール

  • MAPご利用方法 CHECK
  • GoogleMap

石見畳ヶ浦〜1600万年 悠久の刻を巡る〜目的

説明石見畳ヶ浦〜1600万年 悠久の刻を巡る〜

ガイドコース

  • 展望デッキ

    トンネルを抜けると海面より一段高くなった展望デッキに出ます。千畳敷と呼ばれる平らな岩場と美しい日本海が眼前に広がります。

  • 腰掛け岩群

    貝殻に含まれている炭酸カルシウムなどがとけだして、化石などに集まり、砂岩層中にかたい部分を形成します。その後、かたい部分の周囲が波で侵食されて、丸い岩として顔をだしてきたものです。

  • 流木の化石

    流木などを住処とする「フナクイムシ」の巣穴が化石として残っており、流木の化石が管状のもので埋め尽くされています。

  • 馬の背

    平らな畳ヶ浦で潜水艦のように飛び出したところを「馬の背」といいます。潮の満ち引き、天候など、条件が良ければ登ることができます。

  • ハートのシェル

    ハートの形をした可愛い化石「ノムラナミガイ」。畳ヶ浦にはこの化石が点在しています。なかには、密集しているところもあります。

  • 貝の化石群

    二枚貝や巻き貝の化石が、一面に広がっています。主に「カドノサワキリガイダマシ」ですが、その他にも色々あります。

  • 山の斜面にも腰掛け岩

    海に向かって後方に広がる山の斜面も足元同様の砂岩で形成されており、砂岩層の中の硬い部分だけが所々に露出し、腰掛けのような形を成しています。

●特記事項

  • ※歩きやすい靴でご参加ください。

●お問い合わせ先

一般社団法人

浜田市観光協会

〒697-0022 浜田市浅井町777-1

TEL 0855-24-1085

http://www.kankou-hamada.org/

TOP