むすぶらり

集合場所とゴールはこちら

集合場所からゴール

  • MAPご利用方法 CHECK
  • GoogleMap
しまねっこが登場! ねこぶらり対象

万葉ゆかりの街目的

説明万葉ゆかりの街

ガイドコース

  • 高津柿本神社楼門

    高さ15m、横幅9m、奥行4mの壮大な楼門です。県下に稀な無釘の建造物で、屋根はソリのきつい小形の瓦が使用されています。正面の額は、有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王の書です。

  • 歌碑

    手水舎の横にある歌碑には、人麿の辞世の歌(「鴨山の 岩根し枕けるわれをかも 知らにと妹が待ちつつあらむ」)が刻まれています。周りに植えられた花木が、歌碑に四季それぞれの彩を添えています。

  • 本殿

    高津柿本神社は、全国柿本神社の本社ともなっております。どっしりとした風格の本殿は1712年に作り替えられたものです。単層入母屋造り、檜皮葺となっており、正一位柿本大明神の神位と神階にふさわしい風格があます。1982年に県建造物文化財に指定されました。

  • 和風休憩所

    万葉集や柿本人麿などに関する多くの資料が展示されています。建物の裏手には梅原猛書による『柿本人麿終焉之地鴨島遠望台』の石碑があります。

  • 万葉植物園

    万葉集の歌に詠まれた約160種の植物のうち、植栽可能な153種が植えられています。植物毎にゆかりの歌が紹介されており、気軽に親しみやすく散策できます。

  • やすらぎの家

    季節ごとに表情を変える美しい景色を前に、お抹茶・軽食を愉しめる施設です。公園で開催される各種イベントの会場にもなりますので、ぜひご参加ください。休憩のみのご利用も可能です。
    軽食店営業時間:午前10時〜午後4時(オーダーストップ15:30)
    定休日:12月29日〜1月3日
    お問合せ:0856-22-2133(万葉公園管理センター)

  • 旧街並み横町

    上市・中市・下市は古くから柿本神社の門前町として賑わいをみせていました。鍛冶屋・下駄屋・豆腐屋・料理屋・旅館等が軒を連ね、役場や駐在所・銀行・劇場もありました。現在、古い建物の多くは建て直されてしまいましたが、街並みそのものは、ほぼ当時の状況が保たれており、往時の面影を留めています。

●特記事項

  • ※先着10名までをご案内します。
  • ※ガイドコースは別途相談により変更が可能です。

●お問い合わせ先

益田市観光協会

〒698-0024 益田市駅前町17-2

TEL 0856-22-7120

http://masudashi.com/

TOP