ご当地スイーツにいちご狩り!安来のいちごで縁結び

タグ:

2017年04月14日 公開

やすぎ縁結びいちごのススメ

ユーモアに富んだ“どじょうすくい踊り”で知られる「民謡安来節」発祥の地、また世界に誇る「ハガネのまち」として、さらには14年連続で日本一の庭園に選ばれる「足立美術館」があるまちとして。魅力に溢れ、様々な好奇心を満たしてくれる安来は、何を隠そう島根県内最大の「いちご王国やすぎ」としてもその名を知られています。

安来のいちご

いちごの旬を迎える12月~5月の間、安来市周辺では、宝石のように輝きながら真っ赤に完熟した安来産のいちごに出会う事ができます。カフェやケーキ屋さんにも、いちごスイーツが盛り沢山!いちごの栽培に恵まれた環境と、農家さんこだわりの生産方法の結果、全国でもトップクラスの美味しさと評判の安来のいちご。

さらに、“縁結びのラッキーアイテム”とも言われるいちご。安来のいちごを食べれば出雲大社や八重垣神社を始めとした「ご縁参り」のご利益倍増も期待できるかも??

 

いちごは「縁結び」のラッキーアイテム?

いちごの花
4月頃、暖かくなると可愛い花が咲くいちご

いちごを自分で栽培したり、いちご狩りに行くと目にする「いちごの花」。普段はあまり見る機会の無いいちごの花ですが、実は「幸福な家庭」「尊敬と愛情」「先見の明」など、縁起の良い花言葉があります。また、いちごを数字にすると十五で“十分なご利益に恵まれる”と言われることも。さらに、横から見るとハートに見える色形も縁結びのイメージにピッタリです。そんなことから、安来では“苺一縁”という言葉と共に、いちごは「縁を結ぶ果物」とされています。

 

安来産いちごは人気のブランド品種

紅ほっぺと章姫

章姫と紅ほっぺ

安来で生産されるいちごは主に「章姫(あきひめ)」と「紅ほっぺ(べにほっぺ)」という品種。「章姫」は酸味が少なく、甘味が強調された柔らかくジューシーな味が特徴。「紅ほっぺ」は章姫に比べるとしっかりとした食感で、甘味と酸味のバランスがとれた爽やかでコクのある味わいです。

共に静岡で生まれで今や各地で栽培される人気のブランド品種ですが、山陰特有の気候を活かしながら大切に育てられるいちごの味は全国でトップクラスと言われています。

 

安来産いちごの美味しさの秘密

糖度が高く大粒な安来のいちご

糖度が高く大粒ないちご

全国屈指の美肌県として注目をあつめる島根県ですが、その要因のひとつでもある日照時間の短さは、安来のいちごの美味しさの秘密でもあります。日照時間が短いと完熟するのに時間がかかり、収穫量も少なくなります。しかし、その分じっくりと時間をかけて熟成するので、果肉が柔らかく糖度も高い繊細で奥深い甘味を持ついちごが育ちます。

また、安来のいちご農家さんは株ごとに出来の良い実を残し、他の実を間引く「摘果」という作業をしっかり行います。とても手間のかかる作業ですが、そうすることでいちご一つ一つに栄養が十分に行き届いた、甘く大粒ないちごができるのです。

 

完熟収穫の安来のいちご

完熟したいちごの収穫

一番のポイントは安来のいちご農家では基本になっている「完熟収穫」です。一般的なスーパーに並ぶいちごの多くは見た目のキレイさや賞味期限を重視する為、完熟する前に収穫をしたものです。しかし、安来のいちごはギリギリまで熟すのを待ち、一番甘くて美味しい完熟のタイミングで収穫します。バナナやメロン、キウイなどの果物は追熟(収穫後に熟すること)で甘味が増しますが、いちごは追熟はしません。収穫のタイミングがいちごの美味しさのピークなのです。

また、完熟したいちごは傷むのも早く、鮮度を大切にする安来のいちごは近隣でしか流通させていません。通販もほとんどなく、真っ赤に完熟した新鮮で美味しいいちごは安来の地だからこそ味わうことができるのです。

 

美容に健康に!いちごの素晴らしい栄養価

いちごの栄養価

たっぷりのビタミンCとポリフェノール

いちごにはビタミンCが豊富に含まれており、果物の中でも含有量はトップレベル。7~10粒で1日に必要とされるビタミンCを摂取できます。ビタミンCの有名な効果といえば美肌効果。体内でコラーゲンを増す働きがあり、ハリと弾力のある肌へと導きます。

また、シミ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑えるポリフェノール(エラグ酸やアントシアニン)も豊富に含まれていて、ビタミンCと一緒に強い抗酸化作用を発揮することで肌トラブルを予防し、美しい肌を保つことができます。

その他にもミネラルやペクチン(食物繊維)など美容・健康にはもってこいの栄養ばかり。美白・美肌のみならずダイエットなどにも良い効果をもたらします。

 

美味しい苺の選び方&食べ方

美味しいいちごの選び方と食べ方

美味しいいちごは色の濃さに関わらず鮮やかで光沢があり、色にムラがなくツブツブが立っています。そして、ヘタの近くが長く伸びていて、白くないものが糖度が高く甘いいちごです。また、ヘタの近くにヒビがあるものは限界まで糖を蓄えている証拠です。店頭に並ぶ事はありませんが、いちご狩りの時などは是非、参考にしてみてください。

次は美味しい食べ方。まずは洗い方ですが、ヘタを取った状態で洗うとせっかくのビタミンCが水に溶けてしまうので、ヘタは取らずにサッと洗います。そして、ヘタ側から食べること。苺は先端のとがった部分がより糖度が高いので、ヘタ側から食べることで、最後の一口までしっかりと甘味を感じることができます。

 

安来でいちごを堪能しよう!

安来でいちご狩り

旬のいちご狩り

JR安来駅から車で15分ほどの岩崎観光ぶどう園では1月上旬~6月末まで、旬のいちご狩りを楽しめます。品種は「紅ほっぺ」。制限時間も1時間と十分あるので、ゆっくりと味わいながらいちご狩りができます。ゴールデンウィークなど、連休中は人気で混むことが予想されます。事前の予約が必要なので、早めのご予約をおすすめします。摘みたての新鮮ないちごを心ゆくまで楽しみましょう。

【いちご狩り期間・料金】※要予約
1月上旬~6月末まで 9:00~16:00頃まで
3月末まで 大人:2,000円 小人:1,000円
4月から  大人:1,500円 小人:1,000円

岩崎観光ぶどう園
〒692-0025 安来市穂日島町199 [MAP]
TEL:0854-22-6627
詳細はこちら
岩崎観光ぶどう園(安来市観光協会HP)

 

新鮮な安来いちご

新鮮ないちごのパック販売

いちご狩りの他にも、もちろん安来では地元で生産された新鮮ないちごに出会うことができます。JAやすぎグリーンセンターでは、完熟収穫を基本とする安来の農家さんが生産した新鮮な苺のパック販売を行っています。一般的なスーパーに並んでいるいちごと違い完熟しているので、出来る限り早めに食べましょう。

JAやすぎグリーンセンター
〒692-0014 安来市飯島町1205-1 [MAP]
TEL:0854-22-3751
詳細はこちら
JAしまねやすぎ地区本部

 

安来のいちごスイーツ

いちごスイーツアラカルト

いちごと言えばやっぱりスイーツ!いちご王国やすぎには安来産のいちごを使用したスイーツも盛り沢山!ソフトクリームやアイスキャンデー、ケーキ、ドーナツ、どら焼き、いちご大福、シュークリームなどなど、数え切れないほど豊富なバリエーション!ジャムや羊羹など日持ちがする商品も沢山あるので、お土産にもオススメです。

いちごスイーツアラカルト
詳細はこちら
いちごスイーツアラカルト(安来市観光協会HP)

 

安来のいちご料理
いちごランチの「いちごサラダ」と「旬菜といちご彩々」

料理で広がるいちごの新たな楽しみ方

安来市の季節料理 定九郎では期間限定で安来産のいちごをメイン食材にした「いちご懐石」と「いちごランチ」を提供しています。酸味の効いたイチゴソースが鮮やかな「いちごサラダ」や「いちごの美肌コラーゲン鍋」、「いちご巻き寿司」などなど。いちごの酸味・甘味・香りが織り成す、新しい味わいを楽しむことができます。

【提供期間】~5月7日(日)まで。※要3日前予約

季節料理 定九郎
〒692-0022 島根県安来市南十神町22-8 [MAP]
TEL:0854-22-3751
詳細はこちら
季節料理 定九郎(安来市観光協会HP)

 

やすぎ苺一縁フェア

やすぎ苺一縁フェア

いちごが旬を迎える12月~5月の間、安来市観光交流プラザとなかうみ菜彩館(道の駅あらエッサ内)で毎年開催される「やすぎ苺一縁フェア」。安来産の新鮮ないちごのパック販売はもちろんのこと、いちごのご当地スイーツなどが大集合!期間中の毎月15日は“いちごデー”が開催されます。様々な企画が催されるのでお楽しみに!

種類豊富ないちごスイーツ
安来産のいちごを使ったスイーツが大集合!

安来のいちごワイン
安来産のいちごを使った「いちごワイン」

【開催期間】平成27年12月15日(火)~平成28年5月31日(火)

道の駅あらエッサ
〒692-0074 安来市中海町118-1 [MAP]
TEL:0854-23-2510
詳細はこちら
道の駅あらエッサ(安来市観光協会HP)

観光交流プラザ
〒692-0011安来市安来町2093−3 [MAP]
TEL:0854-23-7667
詳細はこちら
観光交流プラザ アラエッサ♪YASUGI(安来市観光協会HP)

 

詳細はこちら
やすぎ苺一縁フェア(安来市観光協会HP)