出雲大社の東の参詣道をご存知ですか?かつての神官(中官クラス)たちが暮らした家屋が建ち並ぶ【真名井の社家通り(まないのしゃけどおり)】です。出雲大社神域内で最古の建造物【四脚門(しきゃくもん)】などがある【北島国造館(きたじまこくそうかん)】、樹齢1000年とされるムクの木とともにひっそりと佇む【命主社(いのちぬしのやしろ)】など、進むほどに名所に出会える、知る人ぞ知る参道です。
ひと休みにはベジカフェ&ギャラリー【まないな】へ。地元の野菜を使ったメニューが自慢です。古民家を改装した店内は、田舎の家に帰ってきたような懐かしい雰囲気。ガラス張りの縁側からやさしい光が差し込む空間で、ゆったりと食事やお茶を楽しむことができます。併設するギャラリーの展示や、企画イベントなども実施されていますので、こちらも要チェック!定休日やイベント内容などはフェイスブックで確認することができます。
たくさんのお店が並ぶ神門通りのようなにぎやかさはありませんが、ふいに出会える名所と静けさが心地いい。いにしえの神官たちのように、心を落ち着かせながらじっくりと歩く。二度目の出雲大社なら、そんなひと味違った参拝もいいものですよ!

名称
真名井の社家通り

住所
島根県出雲市大社町杵築東

問合せ先
出雲観光協会/TEL 0853-53-2112