お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
キョウラギサン

京羅木山

揖屋駅の南方5kmにそびえる標高473mの山で「京蘭木山」とも書く。『出雲国風土記』意宇郡(おうぐん)の条に記される高野山がこの山にあたる。月山富田城(がっさんとだじょう)に対峙(たいじ)して、戦国期には富田城の向かい城となった。山頂には東西80m、南北30mくらいの平地があって、眼下には広瀬町の町並みが広がり、島根半島をへだてて隠岐島をはじめ、中海、宍道湖を眺望できる景勝の山である。能義郡、八束郡の南部の諸峰中、最も目につく高山であることから、戦国期には、大内氏や毛利氏が月山の尼子氏攻略の拠点とした山城である。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット