お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
タクヒジンジャショクブツグン

焼火神社植物群

焼火山中の焼火神社付近には、ウラジロガシを中心とする良好なカシ林が残存しており、種々の珍しい植物群が多くみられるところから、「焼火神社神域植物群」として、昭和45年(1970)10月県の天然記念物に指定されている。

これは、境内の参道に群生する約20本の老杉(幹周2m以上)を含め、神社背後の岩肌に着生するセッコク、フウラン、マメヅタランなどの着生ランや珍しいタクヒデンダ(シダ植物のオシャクジデンダとオオエゾデンダの中間型のもの)、ダルマギク、トウテイラン、チョウジガマズミ、オニヒョウタンボク、ヨコグラノキ、サイゴクミツバツツジ、ミツバイワガサ、オキノアブラギクなどの特殊植物群、さらに、付近のウラジロガシ、アカガシ、コジイ、ヤブツバキ、タブノキなどからなる暖地性常緑広葉樹林を指定したものである。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット

掲載する情報がありません。