お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
オカクマオミキュウタク(オウインカンアト)

岡熊臣旧宅(桜蔭館跡)

津和野町出身の国学者、岡熊臣(1783~1851)が創立した私塾「桜蔭館」が修復され、平成9年3月に公開されました。
熊臣は、冨長山八幡宮の宮司の長男として生まれ、本居宣長の門人、村田春門について国学を学びました。嘉永2年(1849)、津和野藩の藩校「養老館」の初代国学教授に就任し、学則を制定し、藩の教育基本方針をうち出しました。
この『桜蔭館』は、文化12年(1815)に熊臣が自宅を開放し、地元をはじめ、長州藩など各地から大勢の門人が集まりました。
当時のおもかげ残す、桧葺の館には、学則を記した額や、「日本書紀私伝」などの著書や数々の遺品が展示されています。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット