お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

美又温泉

約150年前の江戸時代末期に開湯した歴史ある温泉で、山あいの静かな環境と相まって昔から多くの人が湯治や休養に訪れていました。古くから日本屈指の「美肌・美人の湯」として知られています。閑静な佇まいの温泉街に日帰り入浴施設と宿泊施設があり、思い思いの過ごし方で名湯をじっくり堪能できます。
【泉質:単純温泉】

出雲国風土記にも記載される須佐神社。近年はスピリチュアルなスポットとして若者や女性の参拝も増えています。「ゆかり館」はその須佐神社に隣接する温泉宿。日帰りでも利用できます。温泉水が毎分200リットル湧き出ていて、露天風呂、打たせ湯、ジェットバス、気泡浴などが楽しめます。地元の食材を使った会席料理や出雲そばなどを提供する食事処も併設しています。
【泉質:硫酸塩泉】

神名火山の一つといわれ、古くから信仰を集める朝日山。島根半島に連なる松江北山の一つである大平山。それらを西と東に悠々と眺めながら、湯船につかる。「鹿島多久の湯」はそんな時間が過ごせる日帰り温泉施設です。「湯殿 朝日山」は豪快な造りの岩風呂、「湯殿 大平山」は優しい木の香りの檜風呂。週ごとに男湯・女湯が入れ替わります。地元食材を使った食事処があり、施設内の販売所では、日本海の幸や特産品などが手に入ります。島根半島のパワースポットを巡る旅の立寄地としてオススメ。
【泉質:塩化物泉】

〝玉作の神が宿る山〟として「出雲国風土記」に残る玉峰山。その山懐に位置し、美しい木々と清らかな水に恵まれた亀嵩の地にあるのが「玉峰山荘」です。露天風呂は玉峰山を望め、大浴場では広々とした窓から奥出雲の四季を愛でながら湯につかれます。打たせ湯やジェットバス、遠赤外線サウナも。家族風呂は檜と岩風呂の2タイプを用意。大人3人ほどが入れるこぢんまりとした湯船では、家族水入らずでのんびりと過ごせます。きれいな水と空気で育った仁多米や地元の野菜を使った田舎料理も堪能して、キレイと元気をもらいましょう。
【泉質:単純温泉】

神亀年間(724年~729年)に湧き出した歴史ある湯。白鷺が脚の傷を癒やしたという伝説が残り、尼子氏をはじめ戦国時代から江戸時代にかけて歴代藩主の御殿湯として賑わいました。さぎの湯温泉のすぐ近くには、横山大観ほか近・現代日本画のコレクションで名高い足立美術館があります。その庭園の美しさは世界的に知られ、季節ごとに異なる風景を見せてくれます。本場の安来節の踊りと唄が楽しめる「安来節演芸館」も見どころのひとつです。
【泉質:塩化物泉】

2020年11月29日(日)から浴場の屋根の調査のため、当面の間休館いたします。

 

どこか懐かしい空気のただよう、湯治場風の日帰り温泉「きまち湯治村 大森の湯」。愛くるしいタヌキの石像が迎えてくれます。地元の人や家族連れで賑わうアットホームな雰囲気で、肩肘張らずにのんびり過ごせるのが魅力。爽やかな香りが満ちる檜風呂、野趣あふれる岩風呂があり、それぞれに湯来石と向原石を使った露天風呂があります。サウナにはドイツの温泉保養地・バーデンバーデン産の天然鉱石を使ったトロンサウナも併設。温水プールとトレーニング施設も隣接しています。
【泉質:単純温泉】

中国山地の中央部、自然あふれる船通山ふもとに湧き出る美肌湯温泉です。
ぶらりとちょっと立ち寄れば、そこはお湯と自然と人情の桃源郷です。
日本三大美肌湯温泉の名のとおり、そのお湯はお肌がすべすべ、つやつやになるアルカリ性の湯で、神経痛・リウマチ・打ち身・冷え症にも効果的です。

細い道を通ってたどり着く里山の温泉。500年以上前の戦国時代、戦で負傷した武士が傷を癒やしたとされる湯治場で、山間に佇む湯谷温泉「弥山荘」では、源泉かけ流し風呂や信楽焼の「つぼ湯」など、多彩な浴槽が楽しめます。日替わりでドライサウナとミストサウナ、季節ごとに変わる薬湯もあります。
【泉質:塩化物泉】

日本最古の歴史書『古事記』に記されるヤマタノオロチ伝説で知られる船通山。その山麓に湧く斐乃上温泉は、薬効の高い温泉として古来から多くの人々に親しまれてきました。中央温泉研究所と藤田聡氏が選定した日本三大美肌の湯のひとつに選ばれたこともあります。豊かな緑、きれいな水、澄んだ空気、そして滋味豊かな郷土の料理。体を外からも中からも元気にしてくれる場所です。
【泉質:単純温泉】


[関連記事]うるおい研究室

清流・高津川の支流である匹見川。匹見峡はその上流に位置する景勝地です。絶景を織りなす4つの渓谷の一つ「裏匹見」から流れる川沿いにあるのが、「匹見峡温泉 やすらぎの湯」。柔らかくしっとりと肌を包み込み込む〝美人の湯〟として知られています。2つある自家源泉から湧き出る湯は1時間に15t。〝お湯が元気できれい〟であることにこだわり、毎朝浴槽の湯を張り替えています。露天風呂、岩風呂、檜風呂、サウナなどがあり、その日の気分に合わせて楽しめます。近隣にはキャンプ場も。テントを持ち込めるサイトやケビンがあり、森林浴、川遊び、釣りなどさまざまな過ごし方ができます。
【泉質:放射能泉】

 

※現在、宿泊は行っておりません。(2020.6)

世界が認める日本庭園を有する「足立美術館」まで徒歩1分!
一晩中源泉かけ流しの新鮮な温泉や、旬の山陰の幸を使った料理の数々を存分に楽しめます。
【属する温泉地:さぎの湯温泉】

2022/1/17~当面の間、休業中です。詳細はこちら≫

 

清々しい緑の中にある温泉。大きな窓で解放感のある内場と、香木の森公園で摘んだローズマリーやラベンダーなどを使った自家製ハーブ湯、どくだみなどの薬草を入れた薬草湯の二つの露天風呂が楽しめ、サウナにもハーブの香りが漂います。標高が高く、春と秋の早朝には運が良ければ浴槽から雲海を眺めることもできます。
【泉質:単純温泉】

PR