お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

足立美術館

近代日本画を中心とした美術館で、横山大観のコレクションとともに、日本一の庭園が有名です。

5万坪の広大な日本庭園は「庭園もまた一幅の絵画である」という信念のもと細部まで維持管理されており、白砂青松庭など多様な庭園が、春夏秋冬の季節ごとに美しい姿を見せてくれます。
アメリカ専門誌の日本庭園ランキングでは毎年連続で「庭園日本一」に選出されています。また、フランスの旅行ガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では、山陰エリアで唯一となる最高評価の「三つ星」として掲載されています。
昭和45年(1970)の設立で、安来出身の実業家足立全康(ぜんこう)が蒐集した横山大観、竹内栖鳳、橋本関雪ら近代日本画コレクションを始め、院展作家を中心とした現代日本画、陶芸、童画、彫刻、漆芸などの魅力的な作品を所蔵しています。なかでも、横山大観のコレクションは120点を数え、質量ともに日本一と評されています。

2020年4月1日には開館50周年を記念し、「魯山人館」が新たにオープンします。

ヤマタノオロチのモニュメントが出迎えてくれる奥出雲たたらと刀剣館は、奥出雲町で古代から現代まで続いているたたら製鉄の博物館です。
日本で唯一たたら製鉄を続けている日刀保たたらでの操業の様子をパネルと映像で、たたらでしか作られない日本刀の材料「玉鋼」を紹介しています。たたら操業を支えている地下施設の実物大断面模型、その複雑さと巨大さは必見です。奥出雲町の刀匠の作った日本刀も展示しています。
送風装置の吹子の模型は3種類あり、どちらも体験が出来ます。是非、「かわり番子」に番子体験をしてみましょう。
別棟の日本刀鍛錬場では地元刀匠による日本刀鍛錬実演を実施しています。(毎月第2日曜日・第4土曜日に実施しています。都合により休止になる場合があります。)

世界遺産・石見銀山散策スタートはまずここからがおすすめです。
石見銀山の歴史や世界とのつながり、鉱山や町の人々の暮らしなどを豊富な展示やVRで紹介しています。また大久保間歩坑内の一部再現や、エントランスには遺跡全体を見ることができるジオラマ(模型)もあります。銀採掘や精錬など当時最先端の技術を利用していたこと、よそでは見られない環境と共存しながら開発していたことなどを学べば、なるほどさすが世界遺産!と納得です。
現地を訪れる前にここで予習して行けば、石見銀山の魅力や価値の理解が倍増します。町並みや遺跡などを見る目が変わること間違いなしです。

島根県立石見美術館と島根県立いわみ芸術劇場からなる、島根県西部を代表する複合芸術文化センターです。
美術館と劇場が一つになった施設は全国的にも珍しいといわれます。約28万枚もの地元産の石州瓦を壁面や屋根に用いた圧巻の建物です。グラントワとはフランス語で「大きな屋根」を意味し、石州瓦の赤い屋根や、その下に人々が集うことをイメージした愛称として親しまれています。
建物の中央にある大きな中庭広場を囲むように、美術館、大・小ホール、多目的ギャラリー、レストラン、ミュージアムショップなどが配置されています。作品展示からコンサートまで貸ホールとしても活用できます。

 

2021年11月上旬から2023年4月末(予定)までの期間、いわみ芸術劇場大ホール・小ホールの耐震改修工事が行われます。
≫耐震改修工事に伴う施設見学の中止について(公式サイト)

 

芦原妃名子による少女マンガ「砂時計」が人気となり、さらにドラマ・映画化されて一躍有名になりました。
仁摩町出身の高松伸氏によって設計され、大小6つのガラスのピラミッドが目をひきます。中央には世界最大の一年計砂時計「砂暦」があり、毎年大晦日に一年計砂時計を半回転させて新年をスタートするイベント「時の祭典」が行われます。
「鳴り砂」で知られる琴ヶ浜の地域資源を守り活用するために建設された、国内でも珍しい砂博物館です。
砂に関する学習・研究の場として、見るだけでなく実体験できる施設となっています。
別館「ふれあい交流館」では、ドラマに登場した砂時計やアクセサリーを販売しています。また4種類のオリジナルのガラス作品の製作体験が楽しめます。

江戸時代にたたら製鉄で隆盛をきわめた、名家・絲原家が伝承してきた資料を収蔵・展示する歴史資料館です。
記念館の奥手にある絲原家敷地内には、自然の森林を借景とした出雲流庭園があります。また、奥出雲の山野草を植栽した林間散策路「洗心乃路」も公開されており、これらを合わせ見ると、かつての鉄師の暮らしぶりが偲べます。
絲原邸は松江藩主の本陣にもなり、与謝野鉄幹・晶子夫妻、近衛文磨など多くの著名な人物が訪れています。昭和33年(1958)には、映画『絶唱』のロケーションに使われて有名です。
資料館の館蔵品は、たたら関連資料・古文書、絲原家伝来の家具、調度品、御成(おなり)用具、嫁入道具などの民俗資料、美術品など、歴史的・芸術的にも質が高く見ごたえがあります。

八雲本陣(木幡家住宅)は、歴代松江藩主が領内巡視する際にしばしば本陣宿を勤め、その後大正天皇や昭和天皇、川端康成、松本清張なども訪れた旧家です。
正面玄関を入ると土間は高い吹き抜け構造になっており、太い梁や青海波文様の引窓が見えます。また壁面には江戸時代の火消し道具の数々が当時のままに掛けられています。
「書院の間」と呼ばれている藩主を迎えた二間続きの居間があり、部屋を仕切る襖には鳥取藩の絵師だった土方稲嶺の「猛虎図」が描かれています。
書院を出て奥に進むと、松江藩の家老朝日丹波の旧邸を移築した「朝日丹波の間」や、明治40年の大正天皇行啓の折りに行在所として新築した「飛雲閣」があります。
各部屋には木幡家伝来の掛軸、屏風や茶道具など美術工芸品が展示されており、また出雲式の庭園を眺めることができます。

出雲大社のすぐ東隣に位置する大型のミュージアムで、出雲大社や島根県の歴史や文化を紹介しています。
日本中を驚かせた358本もの荒神谷遺跡の銅剣(国宝)や、1か所からの出土数では全国一の加茂岩倉遺跡の銅鐸39個(国宝)、そして幻とされてきた古の高層神殿を想像させる、出雲大社本殿の巨大な宇豆柱(重要文化財)などを展示しています。
金色に輝く200本以上の銅剣の復元模型や、古代出雲大社本殿の5メートル近い10分の1模型などそのスケールに圧倒されます。
また、『ヤマタノオロチ退治』などの神話を題材にした「神話シアター」では、神話をわかりやすく大迫力の映像でお楽しみいただけます。カフェやミュージアムショップも併設し、小さなお子様から大人まで楽しめるミュージアムです。       

国宝松江城の東側、堀川沿いに建つ武家屋敷風外観の博物館です。
常設の基本展示室では、松江城と城下町の形成をはじめ、松江藩の歴史・文化、城下の人々の暮らしなどを資料や映像、模型で紹介しています。企画展示室では、内容の異なる様々な企画展を年に数回開催しています。
館内の「喫茶きはる」では、現代の名工による和菓子作りの実演を見ることができ、和菓子は抹茶とともに松江城天守や日本庭園を眺めながらお召し上がりいただけます。
また、千利休が関わったとも伝わる茶室や松江藩家老屋敷の長屋、松江にこだわった雑貨などをそろえるミュージアムショップもあり、展示室以外は無料で入館できます。

幼い頃から美術にふれあうことで創造力を養い、感性を養うことをモットーに、「みること」「つくること」の両方が楽しめる美術館です。子供から大人まで楽しめる企画展や、展示に合わせた創作活動を行っています。
現在活躍中のアーティストの作品や体験型の現代美術展など幅広いジャンルの企画を開催するとともに、世界のこどもたちが描いた絵を展示しています。
当日の申し込みで気軽に参加できる、ホリデー創作活動(土・日・祝日の午後開催)も大人気です。
「こども」の自由な発想に囲まれ、子供はもちろん、大人も楽しめるスポットです。

明治の文豪・森鷗外の生誕地、島根県津和野町に建つ資料館です。
『舞姫』や『高瀬舟』を始め、多くの作品を著した森鷗外ゆかりの品々や、直筆原稿など貴重な資料が一般公開されており、北側には「森鷗外旧宅」も残っています。
軍医と文学者というふたつの人生を生きた鷗外の、10歳の上京から60歳で生涯を閉じるまでを豊富な資料で紹介するほか、多感な時期を過ごした津和野時代を振り返る構成になっています。記念館の吹き抜けのロビーからも、中庭越しに旧宅を見通せる設計になっています。
また、鷗外の命日(7月9日)や生誕日(1月19日)頃には、記念館事業として記念講演会やフォーラムなども盛んに開催されています。

入館するとまず、巨大なアロサウルスの全身骨格に圧倒されます。「宇宙の進化と生命の歴史」をテーマに、アロサウルスやアンモナイトなど、約40億年におよぶ生命の長い歴史を物語る、貴重な化石の数々を展示しています。また、大画面での3次元CG映像やナイトミュージアムなども開催しており、子供から大人まで幅広く楽しめる博物館です。
展示室より上の階は宿泊施設となっており、全国でも珍しい宿泊できるミュージアムです。宿泊者限定の「ドキドキ・ナイトミュージアム」が楽しめ、目の前にある佐白温泉長者の湯という温泉施設を利用することができます。
メガネの三城創業者である、多根良尾氏の構想の下に建築された自然史博物館で、主に三城ホ-ルディングス社長多根弘師氏の化石コレクションをベースにした展示となっています。化石を中心とした展示に、最新の学説を取り入れた解説で、地球の進化と生命の歴史を学び地球の未来を考える博物館となっています。

PR