お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

鬼の舌震

斐伊川の支流大馬木川の急流が長年にわたり岩を削ってつくりだした、およそ2.3kmにわたる大渓谷です。V字谷の左右には、大天狗岩、小天狗岩などの岩壁がそびえ立っています。
また、谷のいたるところに、はんど岩や亀岩、千畳敷、鬼の落涙岩、えぼし岩など、奇岩・怪岩が横たわり、河底には大小の甌穴(おうけつ)群がみられます。それらの間を縫って清流が流れ、またいたるところに深淵をたたえ、壮大な景観を展開しています。渓谷沿いの遊歩道は2km弱(往復約60分)で、紅葉や新緑の季節が特に美しく、中国自然歩道に指定されています。
名前の由来は、『出雲国風土記』の中に「ワニが玉日女命(たまひめのみこと)という美しい女神を恋い慕う」とあり、この「ワニのしたふ」が転訛したものと伝えられます。
2013年には高さ45m、長さ160mの「舌震の“恋”吊橋」が掛かりました。

 

最近ではアニメ「鬼滅の刃」に登場する大岩にそっくり!と話題になった、「鬼の試刀岩(しとういわ)」にも注目が集まっています。

【関連記事】
うるおい研究室「美肌たび 研究日記」
詳細はこちら≫ 奥出雲で里山の風景と姫伝説のスポットを巡る

小京都とも呼ばれる津和野は、閑静な山あいにある隠れ里のような城下町です。
津和野の中でも、殿町あたりは最も古いたたずまいを残しており、白壁の土塀に面し通りの掘割には大小無数の鯉が群れ泳ぎ、白や紫の花菖蒲の花が咲き誇る時期は特に美しく、まるで優雅な歴史絵巻物を見るようです。
カトリック教会、藩校養老館跡、郡庁跡、津和野藩家老多胡家表門など多くの史跡が集中していて、また、郷土料理の店やおしゃれなカフェ、雑貨・みやげ品店なども近辺にあり、津和野のシンボルとなっています。
小路を少し入ってみると昔のままの白壁の土蔵の商家が残っていて、古い城下町の落ちついた暮らしぶりにふれることができます。
津和野は、文豪・森鴎外や哲学者・西周、画家・安野光雅などを生み出したところであり、ゆかりのスポットも見どころです。

 

【関連記事】
うるおい研究室「美肌たび 研究日記」
詳細はこちら≫ 心もうるおう津和野で楽しむ 非ストレスな時間

山陰合同銀行本店ビルは、高さ75mと島根県内で最も高いビルです。最上階の14階は展望フロアとして一般に開放されており、松江市街地や宍道湖が一望のもとに見渡せる隠れた人気スポットとなっています。

近代日本画を中心とした美術館で、横山大観のコレクションとともに、日本一の庭園が有名です。

5万坪の広大な日本庭園は「庭園もまた一幅の絵画である」という信念のもと細部まで維持管理されており、白砂青松庭など多様な庭園が、春夏秋冬の季節ごとに美しい姿を見せてくれます。
アメリカ専門誌の日本庭園ランキングでは毎年連続で「庭園日本一」に選出されています。また、フランスの旅行ガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では、山陰エリアで唯一となる最高評価の「三つ星」として掲載されています。
昭和45年(1970)の設立で、安来出身の実業家足立全康(ぜんこう)が蒐集した横山大観、竹内栖鳳、橋本関雪ら近代日本画コレクションを始め、院展作家を中心とした現代日本画、陶芸、童画、彫刻、漆芸などの魅力的な作品を所蔵しています。なかでも、横山大観のコレクションは120点を数え、質量ともに日本一と評されています。

2020年4月1日には開館50周年を記念し、「魯山人館」が新たにオープンします。

隠岐島後の北西に位置する代海岸の沖合に浮かぶ小島です。高さ20mのローソク状の岩の頂点に夕日が落ちる時、さながらローソクにあかりが灯ったように見えるので、この名があります。晴天の波が穏やかな日に、船の上からしか観ることのできない奇跡の光景です。日本海の荒波が刻みこんだ神秘的な造形は感動的な絶景です!
(ローソク島遊覧船は季節により出船時間が異なり、また運休もありますので、事前に予約およびご確認をお願いします。)

出雲大社から車で約20分です。海面からの高さは63.30m、地面から塔頂(灯塔)までの高さは43.65mであり日本一です。
青空に白亜の灯台はコントラストも鮮やかに映えます。
灯台の上は展望台となっていて、目の前に日本海が広がり、晴れた日にははるか北方に隠岐島が見える事もあり、さらに南の山々が連なる360度のパノラマ風景を楽しむことができます。
島根半島の最西端、日本海につき出た岬の先端にあり、夕日の眺めは素晴らしく絶景です。また日が暮れてからの夜釣りの漁火もとてもロマンチックです。
すぐ近くにはウミネコの繁殖地である経島もあり、日本海の海食をうけた奇岩絶壁が続きます。
世界各国の歴史的に特に重要な灯台100選に選定されています。

ぐるっと松江堀川めぐりは、国宝松江城の堀を約50分かけて周遊する遊覧船で、1997年の就航以来大変好評です。
松江城をはじめ、武家屋敷や塩見縄手の老松が並ぶ城下町の風景、城山公園の森や水辺の鳥などの豊かな自然と、船にゆられながら城下町・松江をゆったり味わうのにふさわしいコースとなっています。
船は17もの橋を通過しますが、中には高さの低い橋もあります。そこでは遊覧船の屋根が下がるイベントがあり、船内に「おー」というどよめきがわきます。船頭さんの名ガイドと合わせて、一層楽しい船めぐりとなります。
また、11月~4月の間は全ての船が「こたつ船」として運行され、冬ならではの情緒ある風情をこたつで暖まりながら楽しむ事ができます。

日本最大規模の二重ループ方式の道路で、ループ全体が二重にとぐろを巻く姿がまるでヤマタノオロチのようです。
最も高い場所の谷間にかかる三井野大橋の赤いアーチがフォトジェニックなスポットとして人気で、特に紅葉の時期には、隣接する道の駅から多くの観光客がカメラを向けたり、眺めを楽しみます。
木次線を走るトロッコ列車「奥出雲おろち号」からも、このおろちループを観ることができ、コースのクライマックスとなっています。
ゾーン内には道の駅やレストラン、奥出雲鉄の彫刻美術館、遊歩道、展望台、ロッジ等も整備されています。「人と車の調和のとれた道づくり」をテーマにした、第5回人間道路会議賞の最優秀賞(大賞)も受賞しました。

松江フォーゲルパークは、世界でもめずらしい花と鳥のテーマパークです。
宍道湖を望む緑豊かな丘陵地にあり、2つの鳥温室と花の展示温室をはじめとした様々な施設が屋根付き回廊でつながって、天候に関わらず年中楽しめる、全天候型のテーマパークです。花の展示温室は国内最大級の規模で、ベゴニア・フクシアをはじめ、コリウス・ブルグマンシア・ゼラニウムなど約1万株の花々が一年中満開に咲き誇ります。
また園内には、オオハシやフクロウ、ハシビロコウ、ケープペンギン、ショウジョウトキなど沢山の鳥がおり、オオハシやフクロウとのふれあいコーナーや、ペンギンのお散歩、フクロウの飛行ショー、タカやワシのバードショーなど多彩なイベントが開催されています。カップルの固い絆を約束するという「幸せの椅子」も人気です。

忌部高原は松江市南部にある標高400mの高原で、1977年に松江市の市民休養村としてキャンプ場、展望台、遊歩道などが設置されました。展望台からは宍道湖や松江市街、中海や島根半島などが眺望でき、春の山菜採り、秋の芋掘り、レジャー農園など市民の憩いの場となっています。
休養村内には安来市上山佐にあった江戸時代の豪農屋敷も移築されており、宿泊利用もできて様々な団体や家族での古民家宿泊体験ができます。

水の都松江市の西にひろがる湖で、特に夕日の景観はすばらしく「日本百景」の一つに選ばれています。
ヨットやカヌーなどの水上レジャーをはじめ、冬にはバードウォッチングも楽しめます。
海水が混じる汽水湖のため魚介類が豊富です。スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ(ワカサギ)、シジミ、コイ、シラウオを「宍道湖七珍(しんじこしっちん)」と呼び、島根県を代表する味覚となっています。中でも国内最大級の漁獲量を誇るヤマトシジミは、おみやげとしてもオススメです。
また、さわやかな朝の宍道湖をながめながらのランニング・ウォーキングは「旅ラン」にぴったりです。心身ともにリフレッシュした後は、湖畔沿いにある松江しんじ湖温泉で汗を流して、さっぱりと旅がスタートできますよ。

「宍道湖畔ランニング・ウォーキング」詳細はこちら ≫うるおい研究室「美肌モノ調査レポート」

【関連記事】 ≫美肌たび 研究日記「心ゆるびの街・松江で楽しむ 美肌チャレンジ」
【関連記事】 ≫地元ライターおすすめ!日本海・宍道湖・中海の絶景が望める島根の水辺カフェ

ユネスコ世界ジオパークに登録された、隠岐を代表するダイナミックな景勝地です。
西ノ島町の西海岸一帯は、日本海の激しい海食作用を受けて大断崖・奇岩がそそり立ち、大自然の造形美に圧倒されます。
国賀の中心は何といっても摩天崖(まてんがい)で、海面から257mの高さに垂直にそそり立っています。一方、崖の上は一面緑の草地となっていて牛や馬が放牧され、そののんびりしたムードと大景観とが対照的です。
アーチ状の岩の架け橋「通天橋」や、長さ200mに及ぶ天然のトンネル「明暗(あけくれ)の岩屋」、荒々しい玄武岩の岩肌をみせる断崖「鬼が城」「金棒岩(かなぼういわ)」「龍宮城」「乙姫御殿」「観音岩」「天上界」などと名付けられた奇石があります。各景勝地を巡る遊覧船が運航しており、海上から眺める国賀海岸の景観は絶品です。

PR