お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

道の駅「キララ多伎」(キララベーカリー含む)

道の駅キララ多伎は島根県のほぼ中央に位置する多伎町(出雲市)にあります。松江方面から国道9号線を西にひたすら走ると、初めて海が開けるところにあります。外観は北欧風のレンガ造りで、とても温かみのある建物です。建物の中に入れば、目の前に広がる美しい日本海の大パノラマ、階段を下りれば、まばゆいばかりに光るキララビーチがあなたを迎えてくれます。夕暮れになれば、「日本の夕陽百選」に選ばれた素晴らしいキララの夕陽があなたをやさしく包み込んでくれます。

建物の中には、情報休憩コーナーがあり、情報端末検索や、パソコンを持ち込んでのフリースポットを備え、特産品等の販売コーナーでは、しまねブランド重点商品にも選ばれた「多伎のいちじく」(蓬莱柿種)を用いた、ソフトクリームなどをはじめ、現在約50種類のいちじく商品を取り揃えています。西側の建物には、キララベーカリーがあり、いちじくを使用したオリジナルパンや、地域の特産品開発のためのアンテナショップ、カウンター席もあり海を眺めながらその場で食べることもできます。

 古くから人類の生活を支えてきた金属である「鉄」。千数百年続く日本独自の製鉄法である『たたら』に関するわが国唯一の総合博物館です。
 国指定重要有形民俗文化財の各種製鉄用具や模型を使った展示で、鋼がどのように作られてきたのか歴史をたどりつつ学べます。また、博物館の所在地である安来市が鉄とともにどのように発展してきたのか、さらに島根出身で「和鋼」の名付け親であり、冶金研究の第一人者であった俵国一博士の研究資料など、さまざまな視点から『たたら』を知ることができます。
 そのほか、実際にたたら場で使われていた「天秤鞴(てんびんふいご)」を操作するなどの体験型展示や各種映像資料もございます。

松江市民のスポーツ拠点として親しまれ、多くのスポーツ大会・イベントが開催されています。
明るいレンガ色の全天候トラック8コースを持つ陸上競技場は5,000人収容のスタンドがあります。ほかに補助競技場は2コースを持ち、人工芝サッカー場1面及び、フットサル場2面が整備されています。
このほか内野だけで4,000人収容できる野球場、16面のテニスコートや屋根付きフットサルコート1面があります。こども広場やお城の探検広場などこどもが遊べる施設や、駐車場も完備しています。
陸上競技場と野球場間の中央広場にある「神話」と題したシンボル・タワーは、洋画家岡本太郎画伯のデザインです。

ズボンスプレッサー全室完備、インターネット接続無料、全館無線LAN
(無料)
コーヒー無料サービス
(24h)
朝食(am7:00.~9:30)

<接する道路>三次ICから55分、宍道9号から54号を60分

<施設概要>駐車場、トイレ、レストラン(レストハウスやまなみ)、喫茶、物産売店、宿泊施設、情報交流館
隣接施設に「大しめ縄創作館」あり

朝食6:45am~10:00am 食べ放題 和・洋バイキング

町民野球場、テニス場、陸上競技場、温水プール、子供広場を始め駐車場、園路など、スポーツの場として遊びの場として広く利用

<面積>24.9ha

<収容人数>35名

<室数>シングル:23室、ツイン:3室、和室:2室

標高230mの小高い丘の上に建つ「温泉リゾート風の国」の温泉。「風の国」の広大な園内には、日本グラウンドゴルフ協会認定のグラウンドゴルフコースやテニスコートがあるので、スポーツで汗を流した後に、温泉に入って心も体もリフレッシュできます。和・洋室、コテージなどの宿泊施設が充実。ドッグランもあり、ペット連れの宿泊も可能です。

山あいの地に古くからこんこんと湧いていた冷鉱泉を源泉に、地元の人に愛される公衆浴場と、地元食材を使った食事や日帰り入浴、宿泊ができる温泉施設があります。その源泉の水は純天然のアルカリイオン水として市販されており、公衆浴場では水道から出る水も源泉を使用しています。温泉スタンドもあり源泉の水を汲んで持ち帰ることも可能です。

斐伊川の支流・久野川河畔に湧く温泉です。
この湯を利用した「おろち湯ったり館」はオロチをイメージした石風呂、檜の香り漂う木風呂など、各種温泉が満載です。年中利用できる温泉プールも楽しめます。
【属する温泉地:東日登温泉】

明治の文豪・森鴎外の生誕地、島根県津和野町に建つ資料館です。
『舞姫』や『高瀬舟』を始め、多くの作品を著した森鴎外ゆかりの品々や、直筆原稿など貴重な資料が一般公開されており、北側には「森鴎外旧宅」も残っています。
軍医と文学者というふたつの人生を生きた鴎外の、10歳の上京から60歳で生涯を閉じるまでを豊富な資料で紹介するほか、多感な時期を過ごした津和野時代を振り返る構成になっています。記念館の吹き抜けのロビーからも、中庭越しに旧宅を見通せる設計になっています。
また、鴎外の命日(7月9日)や生誕日(1月19日)頃には、記念館事業として記念講演会やフォーラムなども盛んに開催されています。