お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

島根県立八雲立つ風土記の丘 企画展「古墳時代の八雲ムラ-神郡の胎動-」

前田遺跡は、5~6世紀の島根県域で営まれた祭祀遺跡のなかでもとくに大きな規模を誇り、土器や木製品を中心にさまざまな資料が出土しました。
このほか、小屋谷3号墳では鏡、御崎谷遺跡では土馬が出土するなど、八雲町は後の飛鳥・奈良時代に「神郡」として特別に認められた地域としてのルーツが見て取れます。
今回の展示ではこれらの資料をつうじて、前田遺跡の祭祀をささえた人びとの姿を探ります。

 

関連イベント:展示解説会
4月22日(土)、5月13日(土)、6月3日(土)
いずれも13:00から30分程度

PR