お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

安来市加納美術館 土門拳記念館コレクション展「土門拳 ー肉眼を超えたレンズー」

激動の昭和を独特のカメラアイで切り撮り、日本の写真界に大きな足跡を残した写真家・土門拳(1909-1990)。

戦前、戦中、戦後、復興、高度経済成長と、日本社会全体が目まぐるしく変化していくなか、強烈な個性とこだわりを持ち、一貫してそこに生きる日本人や現実社会を撮り続けました。同時に古寺や仏像などを大型カメラで見据え、独特の美意識で、連綿と続く日本人の心を追求しました。

発表された数多くの作品と土門拳の写真に対する考え方は、その時々の社会に影響を与え、日本の写真文化の形成にも大きな役割を果たしてきました。

この度、土門拳記念館の協力のもと、日本の写真を牽引してきた土門拳を紹介する共同巡回展を開催します。当館では第7回安来市平和のつどいの関連事業として、『ヒロシマ』をはじめ『筑豊のこどもたち』やライフワークである『古寺巡礼』、『風貌』、戦前から戦中・戦後の日本の姿をとらえた貴重な作品群など、土門の代表作約110点を展示します。

PR