イベント情報

足立美術館 冬季特別展「生誕135年 孤高の画家 橋本関雪」

Adachi museum 2018 winter

橋本関雪(1883~1945)は現在の神戸市に生まれ、幼い頃より儒学者の父の影響から漢学に親しみました。同時に伝統的な日本画の流派である四条派を学び、さらに京都へ出て、一時は竹内栖鳳に入門。後にその門を離れると、他の画家たちとは一線を画し孤高の中で制作を行い、官展で受賞を重ねるなど、画壇を代表する画家となりました。

四条派を基礎としつつ、中国の古典に着想を得た作品も多く、生涯にわたり何度も中国を訪れています。また、西洋画への関心からヨーロッパも訪問し、古今東西の研究を行うことで、独自の画風を展開しました。昭和に入ると動物画の名品も数多く遺しており、動物を鋭い観察眼でとらえ、繊細な筆遣いで表した作品は、見る者の心を引き付けます。

本展では関雪の生誕135年を記念し、同館が所蔵する関雪作品を一挙に公開されます。高い技術と深い教養のもとで生み出された関雪の作品をご覧ください。

■ 主な出品作品
橋本関雪「遅日」「意馬心猿図」「訪隠図」「秋圃」「猿」「雨後之朝」「唐犬図」「玄猿白鶴図」「夏夕」

期日 2018年12月01日(土) ~ 2019年02月28日(木)

【開館時間】
9:00~17:30(4月~9月)
9:00~17:00(10月~3月)
※新館への入場(本館・新館連絡通路の通行)は、閉館15分前まで
【休館日】
年中無休 ※新館のみ、展示替えのため休館日あり
<新館休館日>
2019年1月16日

会場 足立美術館 (安来市)
古川町320
お問合せ先

足立美術館
〒692-0064 島根県安来市古川町320
TEL:0854-28-7111


料金

【入館料】
・大 人:2,300円
・大学生:1,800円
・高校生:1,000円
・小中学生:500円
※20名以上、100名以上の団体料金あり
※各種クレジットカード、IDの利用可
※各種割引制度、青少年の優遇処置あり

URL https://www.adachi-museum.or.jp/
添付(PDF) 「生誕135年 孤高の画家 橋本関雪」ポスター.pdf