イベント情報

足立美術館 夏季特別展「美人画 うるわしき女性美の世界」

Adachi museum2019

華やかな女性の姿は、絵画の主題として古くから描かれてきました。明治以降の近代になると、容姿の美しさだけでなく、日常の女性の姿に人物の内面や背景を表そうとしたものや、裸婦といった新しい視点の女性像が描かれるようになります。様々な女性像が生まれ、日本画において女性美が主題の作品を美人画と称するようになったのも明治以降のことです。
表現が多様化する中、画壇では多くの画家が美人画で名を馳せました。情緒豊かな女性像を描いた鏑木清方、実在の女性をモデルにした伊東深水、中でも、古き良き時代の女性を繊細な筆遣いで描き続けた上村松園は、近代を代表する美人画の巨匠として知られています。
本年は、松園の没後70年の節目の年であり、これを記念し、本展では松園をはじめ、清方、深水らが描く美人画を一堂に展示いたします。多彩な作品を通して、うるわしき女性美の世界をご堪能ください。

■ 主な出品作品
上村松園「娘深雪」「待月」 鏑木清方「紅」「潮干がり」
伊東深水「夢多き頃」「ペルシャ猫」 菊池契月「菖蒲」 伊藤小坡「一聲」
横山大観「羅浮仙」 寺島紫明「舞妓」

期日 2019年06月01日(土) ~ 2019年08月30日(金)

【開館時間】
9:00~17:30(4月~9月)
9:00~17:00(10月~3月)
※新館への入場(本館・新館連絡通路の通行)は、閉館15分前まで
【休館日】
年中無休 ※新館のみ、展示替えのため休館日あり
<新館休館日>
7月10日、10月10日~11日、11月4日~5日
2020年1月22日

会場 足立美術館 (安来市)
古川町320
お問合せ先

足立美術館
〒692-0064 島根県安来市古川町320
TEL:0854-28-7111


料金

【入館料】
・大 人:2,300円
・大学生:1,800円
・高校生:1,000円
・小中学生:500円
※20名以上、100名以上の団体料金あり
※各種クレジットカード、IDの利用可
※各種割引制度、青少年の優遇処置あり

URL https://www.adachi-museum.or.jp/