イベント情報

ギャラリー展「没後180年 西山砂保 ー出雲の近代医学の先駆けー」

 江戸時代の終わりごろ、ここ出雲に「西山 砂保(にしやま すなほ)」という名医がいました。砂保は神門郡荻原村(今の出雲市荻杼町)の出身で、和歌山の華岡青洲(はなおかせいしゅう)から麻酔や外科手術を、長崎に来たシーボルトから西洋医学を学びました。そして最新の医学で、出雲の人びとを救ったのです。それとともに、砂保の影響を受けて多くの医者が華岡家へ入門し、華岡流の外科医術が普及していきました。
 今年は、砂保が亡くなってから180年目にあたります。今回の展示では、出雲の近代医学の先駆けとも言える砂保の足跡をたどります。

写真:西山砂保 肖像画(松村憲樹氏蔵)

期日 2019年08月28日(水) ~ 2019年11月25日(月)

【休館日】
  毎週火曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
   ※祝日と重なる場合は翌平日
【開館日時】
  9:00~17:00(入館は16:30まで)

会場 出雲弥生の森博物館 (出雲市)
出雲市大津町2760番地
お問合せ先

TEL:0853-25-1841
FAX:0853-21-6617


料金

無料

URL http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori
メール yayoi@city.izumo.lg.jp