イベント情報

安来市加納美術館 特別展「加納博基コレクション 色絵茶碗に魅せられて」

120191029083219

安来市加納美術館は1996年11月1日、恒久平和を希求した画家加納莞蕾の長男加納博基(1934-2008年)が莞蕾の願いを伝えるべく開設。その後、2002年に広瀬町(現・安来市)に寄贈し今日に至っています。
開館に際して、加納博基は長く岡山で会社経営をしていたことから、山陽と山陰の文化交流およびふるさとの文化発展を願って、数多くのやきものや日本画、安来ゆかりの作家の作品を蒐集しました。
昨年は備前焼の展示を楽しんでいただきましたが、今回は、加納博基コレクションの中から備前焼以外のやきもの、華やかな色絵茶碗のコレクションを中心にご覧いただきます。 「色絵」には、草花、動物、また、釉薬が醸し出す模様など、繊細さや色鮮やかさに魅力のあるものが多くあります。
この小さく愛らしい器たちが魅せる小宇宙にしばし心を遊ばせ、楽しんでいただければ幸いです。

期日 2019年11月09日(土) ~ 2019年12月23日(月)

【開館時間】
9:00~16:30(入館は16:00まで)
【休館日】
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
展示替えによる休館日あり

会場 安来市加納美術館 (安来市)
広瀬町布部345-27
お問合せ先

安来市加納美術館
TEL:0854-36-0880


料金

【入館料】
・一般:1,100円
・団体(20名以上):900円
・学生(高校生以上):550円
※小中学生 無料
※身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付き添いの方(1名)は無料。

URL http://www.art-kano.jp/