ヒノミサキ

観光スポット

日御碕

4112 hinomisaki 001 1

 島根半島の最西端の岬で、隆起海岸の特徴を見せて屈曲に富み、海岸線の延長は直線距離の3倍にも達する。岬の先端には、明治36年(1903)に設置された東洋一の日御碕灯台(灯台の高さ43.65m)があり、灯台の東海岸にはおわし浜と呼ばれる磯浜海岸がある。日御碕から鷺浦に至る海岸は、石英角斑岩の柱状節理が発達し、またノロの洞窟をはじめとするおよそ70の洞穴などがあり、変化に富んだ景勝地となっている。西端の岬付近には、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている経島(ふみしま)がある。日御碕の灯台付近を中心に、稲佐の浜から鷺浦までの海岸は大山隠岐国立公園に指定されている。追石鼻(おいせばな)や灯台付近、鷺浦〜梅ヶ浜、宇竜〜桁掛半島には遊歩道が整備されており、散策や磯釣りに利用されている。また、桁掛半島地先海域は海中公園地区に指定され、同公園へは宇竜から遊歩道でも行ける。灯台の南側には日御碕神社がある。

近隣の施設を見る
住所 出雲市大社町日御碕
お問合せ先

出雲観光協会日御碕観光案内所

出雲市大社町日御碕484-15

〒699-0763

電話:0853(54)5400

FAX:0853(54)5400

アクセス 一畑バス大社連絡所からバス22分、日御碕下車
駐車場 200台
URL https://www.izumo-kankou.gr.jp/370