ハマダジョウアト

観光スポット

浜田城跡

Hamadajyoshi02

 浜田市殿町の市街地中央部に位置する標高70mの小丘上にある。築城当時に鴨山を亀山に改名したことから、別名亀山城という。この城は元和5年(1619)に最初の浜田藩主となった古田重治によって築城されてから、慶応2年(1866)長州軍によって落城するまでの247年間、浜田藩6万 1,000石(寛政3年)の本拠地であった。

 伊勢松坂から古田重治が浜田へ入国すると、益田、三隅、周布、浜田の各地を検分し、土地は狭いが水陸の便、要害の地であることから、かつて吉川氏が在番して、陣屋をかまえたこの地に城地を決定した。北側は断崖で日本海にのぞみ、南から西にかけては浜田川の流れが堀の役割を果たし、東を石垣で仕切った城地内には三層の天守閣があり、本丸、二の丸、三の丸で構成され、大手門が内掘に架かった橋でつながっていた。この築城工事には、安芸、長門から工匠が招かれ、多くの人夫、石工、木工がかり出され、元和6年(1620)2月に着工し、同年11月には地普請を完了した。同時に、侍屋敷と、紺屋町・新町・蛭子町・片庭町・門ケ辻町・桧物屋町・辻町・原町の浜田八町といわれる職人町や商人町の作事もすすめられた。

 築城主の古田氏は二代重恒の時、古田騒動といわれる御家騒動がおき、さらに重恒に嗣子がなかったため、正保元年(1644)2代30 年で断絶した。ついで慶安2年(1649)播唐国宍粟から譜代大名松平周防守康映が入国、前期周防守家は5代110年で宝暦9年(1759)下総古河へ転じ、そのあとに本多中務大輔忠敞が入った。本多家は3代11年で明和7年(1770)再び松平周防守家と交替し、三河国岡崎へ去った。周防守家は竹島事件で奥州棚倉へ移封されるまで、4代67年間2期目の浜田城主となった。天保7年(1836)に周防守家が棚倉へ移ると、上州館林から松平右近将監斉厚が入国し、落城まで4代続いた。このように浜田城主はめまぐるしくかわったが、幕末、長州征伐の最前戦地となるや、長州勢に攻められて、戦意を喪失し、主従ともども城に火をかけて浜田を落ちていった。落城後4年間は、長州あずかり地となった。

 慶応2年(1866)の炎上落城と、さらに明治5年(1872)の浜田地震によって、浜田城はことごとくその姿を消し、現在わずかに石垣を残すのみである。

 なお、城地内二の丸跡には日清戦争に従軍し、のどに敵弾をうけながら、突撃ラッパを吹き続けたという21連隊出身の木口小平の像や、那賀郡金城町出身で浜田で成長した島村抱月の文学碑、そして故司馬遼太郎氏が碑文を執筆された浜田藩追懐の碑などが建っている。護国神社や放送局もあり、サクラの名所としても有名で、市民のいこいの場となっている。昭和37年(1962)6月、県の史跡に指定された。

近隣の施設を見る
住所 島根県浜田市殿町
お問合せ先

浜田市観光協会

島根県浜田市浅井町777-19

〒697-0022

電話:0855(24)1085

FAX:0855(24)1081

アクセス JR浜田駅からバス5分、商工会議所前下車徒歩10分
料金 なし
営業時間 <利用可能時間(営業時間)> 通年
<定休日(利用可能期間)> なし
駐車場 無料
URL http://www.city.hamada.shimane.jp/kankou/bunkazai/10.htm