お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

発電の現場を見学

エネルギーを学ぶ旅

所要時間:およそ8時間
移動手段:車

日本海の海岸線に沿って立ち並ぶ巨大な風力発電所をはじめ、遊んで学べるふれあいホール併設の発電所、また江の川のダムによる水力発電や、太陽光発電所など、私たちの暮らしを支えるエネルギーについて学ぶ旅です。

START

JR大田市駅

車で約40分

01

浜原ダム 

江の川の中流部浜原に、中国電力が江の川をせきとめ昭和28年(1953)11月に完成させました。堤頂長361.4m、堤体積5万立方メートルの発電専用ダムです。高さ19mのゲート12門により最高水位65mまで貯水し、常時1,120万立方キロメートルの水量を確保しています。水は、滝原の山腹に貯水され 1,172mの圧力トンネルによって、27.14mの落差を利用し、毎時2万5,000kw/hの発電力をもつ明塚(あかつか)発電所に導水されています。

住所 邑智郡美郷町信喜、上川戸
電話番号 0855-75-1900

車で約40分

02

大森銀山重要伝統的建造物群保存地区

銀山に隣接して発展した江戸時代幕府直轄地の石見銀山附御料150余村の中心町。武家・商家の旧宅や社寺などが混在してよく残っています。
昭和62年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

住所 大田市大森町
電話番号 0854-82-1600

車で約30分

03

江津東ウィンドファーム風力発電所

海岸線に映える風車群

浅利~黒松海岸は、白い砂浜に立ち並ぶ風車群と青い海が望める全国的にも珍しい写真映えスポットです。かつて、戦艦大和の大砲を製造した「日本製鋼所」製の風車で、ギアレス永久磁石型同期発電機(直径4m)を搭載しています。これは、風の力が作る回転力を直接発電機に加え、永久磁石の回転だけで電力を生み出す仕組みで、増速機、主軸などがなく、高野山の風車とは異なる構造です。ブレード先端の最速時のスピードは、新幹線にも匹敵(時速約300km)し、間近で見るその姿は、迫力満点!

住所 江津市浅利町
電話番号 0855-25-0151
サイト 江津市HP

車で約30分

04

石見大崎鼻灯台

絶景が望める写真映えスポット

石見地方最後の沿岸灯台として昭和49年初点。当時の最新技術として、白熱電球より明るいキセノン電球を採用。現在は、長寿命で高効率のメタルハライドランプに変更されており、光は20海里(約37km)先まで届きます。石見海浜公園の一角にあり、手前の駐車場から徒歩約10分。県西部で唯一ライブカメラが設置され、ウェブ上でどなたでも映像をご覧になれます。

住所 江津市波子町1022-2
電話番号 0855-27-0772
サイト 浜田海上保安部HP

車で約10分

05

石見畳ヶ浦

ファンタジーの世界を思わせる不思議な光景

国の天然記念物にも指定されている景勝地です。国府海水浴場から洞窟を抜けると、目の前に「千畳敷」とよばれる東京ドームほどの広大で平らな岩場が広がります。またあちらこちらに丸い腰かけのような岩が飛び出ており、海を背景にまるでファンタジーの世界を思わせるような不思議な光景です。千畳敷の表面には、まるで畳を敷いたように見える規則的な亀裂が縦横に走っていて、それが畳ヶ浦の名の由来になっています。
ここは、浅い海の中でたい積した約1,600万年前の地層が、明治5年の浜田地震などにより隆起してできた隆起海床です。岩の中に、鯨骨や貝などの化石が多く含まれているのを、気軽に観察することができます。そして腰掛け状の丸い岩は、ノジュールという化石などを核としてできあがった珍しい岩です。たくさんの興味深い地質を観察することができる「天然の地学博物館」です。

住所 島根県浜田市国分町
電話番号 0855-24-1085
サイト 浜田市観光協会ポータルサイト「はまナビ」
営業時間 なし

車で約40分

06

三隅港臨海工業団地太陽光発電所

県企業局が提供するエネルギー

島根県企業局が展開する太陽光発電の1つで平成28年3月に運転を開始しました。太陽のエネルギーを受け、電気を作り出す太陽電池を使って電気を生み出す仕組み。太陽電池パネルを7,452枚使用し、太陽のエネルギーを受け取っています。

住所 浜田市三隅町岡見(三隅港臨海工業団地内)
電話番号 0855-57-0221
サイト 島根県企業局HP

車で約10分

07

三隅発電所

国内最大規模の発電出力

1号機は、国内最大規模の100万kWの発電出力を誇る石炭火力発電所。普段目にする高さ200mの煙突は、直径23mの外筒と実際に排ガスが通る直径7.8mの内筒2本(1号機および2号機※用)が入っています。また、石炭の貯蔵には、世界初の「大型鋼製角型集合石炭サイロ」を採用しています。隣接する「ふれあいホール」では、楽しみながら火力発電の仕組みを学ぶことができるほか、事前申込により発電所を見学でき、建物屋上から構内を一望できるコースもあります。
※2号機(発電出力:100万kW)は、2022年11月の営業運転開始に向けて建設工事を進めています。

住所 浜田市三隅町岡見1810
電話番号 0855-32-2139
サイト 中国電力株式会社HP
営業時間 ふれあいホールはご自由にご見学いただけます。 開館時間/9:30~17:00

GOAL

コースマップ