島根の工芸
ふりがな つつがきあいぞめふろしき
品   名 筒描藍染風呂敷

代表者名
長田安史
概   要 出雲地方には婚礼の際、風呂敷を持参する風習があり、中央に家紋、四隅に鶴亀、松竹梅、宝物等を入れて藍染にした風呂敷をつくっています。昔ながらの紺の香ゆかしい藍で染め上げ、生地が強く、虫もつかないのが特徴で、最近は壁掛けとしても使われています。
住   所 〒693-0011 出雲市大津町1109番地
電   話 0853(21)0288
F A X 0853(21)0288
そ の 他
取扱商品
のれん、テーブルセンター
一覧に戻る