街歩きが楽しくなる!出雲大社周辺の過ごし方 後編

タグ:

2017年03月16日 公開

出雲大社 境内

平成の大遷宮で話題を集める出雲大社。“ご縁の国しまね”でもNo,1の知名度を誇り、全国から多くの参拝者が訪れています。

しかし、ただ参拝するだけではもったいない!門前町である神門通りをはじめ、周辺には魅力に溢れたスポットがたくさんあります。

今回は、数ある中でも「体験」をキーワードにした出雲大社周辺の楽しみ方に注目してみましょう。

 

前編はこちらから
街歩きが楽しくなる!出雲大社周辺の過ごし方 前編

 

オリジナルアクセサリーを作ろう

アクセサリーこしらえ体験 えすこ01

今でこそパワーストーンという言葉は聞き慣れた印象ですが、出雲地方では古来より、石に宿る不思議な力を信仰する風習がありました。玉造温泉で知られる松江市の玉造では「めのう石」の産地であった事から、古来より出雲型勾玉と呼ばれる勾玉が作られています。現代においても出雲大社や皇室への献上品として使用されるなど、石への関わりが深い場所なのです。

アクセサリーこしらえ体験 えすこ02

出雲大社正門前のバス停前にある「えすこ」というお店では島根県にこだわったお土産を販売している他、2階の体験スペースではブレスレットやピアスなどアクセサリーの手作り体験を行う事が出来ます。旅行先で意外に悩んでしまうのがお土産ではないでしょうか。そんな時はアクセサリーの手作り体験を楽しんで、自分や大切な人へのお土産としてみてはいかがでしょう?様々な想いを込めた世界に1つだけのオリジナルアクセサリーは、きっと思い出と共に輝いて見えるはず。

アクセサリーこしらえ体験 えすこ03

いくつもある石の中から自分の身につけたい石を選ぶ。たくさんの種類があるので、なかなか決められない人も多いとか。

アクセサリーこしらえ体験 えすこ06

今回はブレスレット作りに挑戦!専任のインストラクターが丁寧に教えてくれるので安心です。

アクセサリーこしらえ体験 えすこ05

世界に一つだけのオリジナルブレスレットの完成。一生懸命作っただけに思い入れもひとしおです。

お土産 えすこ(出雲大社前店)
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南841 [MAP]
TEL:0853-31-4035
詳細はこちら

– その他まがたま・アクセサリーの購入ができるお店 –

さきたま 出雲
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南772 [MAP]
TEL:0853-31-4333
詳細はこちら

たまゆら 出雲大社店
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南776 [MAP]
TEL:0853-53-8031
詳細はこちら

まがたまや 雲玉
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南840-1 [MAP]
TEL:0853-27-9469
詳細はこちら

めのや 出雲大社店
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南731 [MAP]
TEL:0853-31-4675
詳細はこちら

 

日本最古級の電車に触れて、映画RAILWAYSの世界に

デニハ50形 一畑電車 出雲大社前駅01

一畑電鉄「出雲大社前駅」のすぐ隣に展示してあるのは、日本最古級の電車「デハニ50形」です。昭和3年に一畑電鉄オリジナル車両として新造されたこの電車は一畑電車をテーマに制作された映画「RAILWAYS」の中で最も多く登場した車両。現在は現役を引退していますが、映画の撮影のために内装は全て当時のままに復元されており、一歩足を踏み入れると昭和初期の古き良き風情を味わうことができます。

デニハ50形 一畑電車 出雲大社前駅02

今では製造不可能な木造の車体はどこか懐かしくも有り、当時の人たちの息遣いが聞こえてくるよう。

デニハ50形 一畑電車 出雲大社前駅03

当時のままきれいに保存された運転台。レバーやハンドルを握って運転手の気分に浸るのもまた楽しい。

一畑電車 出雲大社前駅 外観一畑電車 出雲大社前駅 内観

登録有形文化財に登録されている出雲大社前駅。西洋建築のステンドグラスも綺麗です。

一畑電車 出雲大社前駅
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南1346-9 [MAP]
※展示電車へは駅舎横より(見学自由)
詳細はこちら

(関連情報)
神々の都・大社を町あるき(特集ページ)
出雲大社平成の大遷宮(特集ページ)