出雲大社から車で30分ほどの出雲市斐川町にある神社。小さな神社ですが、古事記にも登場する由緒ある古社です。
神在月、全国から出雲に集まった神々が最後にお立ち寄りになる神社で、ここで直会(なおらい=宴会の意味)をし、それぞれの国へお帰りになります。
その際の神事を「神等去出祭」(からさでさい)と言い、万九千神社独特の神事です。神事の間は、すぐそこに神様の気配が感じられ、とても厳粛な気持ちになります。この時期、地元では神様の邪魔をしないよう家で静かに過ごす「お忌みさん」という風習があり、今でも地元の暮らしに根付いています。
平成26年10月には、百数十年ぶりの御遷宮が執り行われるのを記念し、地元の企業が「出雲生姜じんじゃエール」を発売!「じんじゃ」を「えーる(応援)」するドリンクで、万九千神社でも御神酒代として授与されています。
神在月に、八百万の神々と同じように出雲大社→万九千神社のコースでお参りしてみてはいかがでしょう♪

名称
万九千神社

住所
島根県出雲市斐川町併川字神立258

TEL
0853-72-2032

URL
万九千神社

備考

◆神社・仏閣などパワースポットと呼ばれる場所(祈りの場所、神聖な場所)に参詣する時の注意点

神社・仏閣は日々の感謝を伝えるところです。お願いではなく、誓いをたてましょ う。そして、その誓いを全うできるよう見守ってくださいとお願いしましょう。努力なくして願は叶いません。誓いを立てたことを忘れずに日々を過ごしましょう。
最近は、参拝方法などについて情報を掲載しているサイトなどがあります。出掛ける前には一度そういったページを見てから出掛けるといいでしょう。