「両参り」とは島根半島の西側に位置する出雲大社と、同じく島根半島の東側に位置する美保神社をセットで参拝すること。「えびす・だいこく両参り」とも言われ、美保神社の商売繁盛に御利益があるコトシロヌシ様(エビスさん)と、出雲大社の縁結びの神様として有名なオオクニヌシ様(ダイコクさん)をお参りすることで、更なるパワーがいただけると江戸時代に流行ったお参りの仕方です。この両神様は親子にあたる神様。また、ダイコク様は打ち出の小槌、エビス様は鯛と、どちらも縁起のよい富の象徴を手にし、なんとも御利益がありそうな両神様。さらに、両神社とも国譲り神話をはじめ、神話の重要な場面で登場するスポットでもあります。
たくさんの観光客やお店で賑わう出雲大社と、時代をタイムスリップしたような小さな港町に佇む美保神社。趣の異なる2つの神社へお参りして、出雲のパワーを実感してください!

名称
両参り(出雲大社・美保神社)

問合せ先
※下記、URLにてご確認ください。

URL
出雲大社(しまね欲張り図鑑)
美保神社(しまね欲張り図鑑)

備考

◆神社・仏閣などパワースポットと呼ばれる場所(祈りの場所、神聖な場所)に参詣する時の注意点


神社・仏閣は日々の感謝を伝えるところです。お願いではなく、誓いをたてましょ う。そして、その誓いを全うできるよう見守ってくださいとお願いしましょう。努力なくして願は叶いません。誓いを立てたことを忘れずに日々を過ごしましょう。

最近は、参拝方法などについて情報を掲載しているサイトなどがあります。出掛ける前には一度そういったページを見てから出掛けるといいでしょう。