正面に3つの玄関があり、身分の違いや用途によって使い分けられていたという隠岐独特の造りの木造家屋。国指定重要文化財にもなっています。
屋敷内には、当時の生活用具や民俗資料などが展示されていますが、あちこちに好奇心をくすぐるしかけがあり、まるでカラクリ屋敷。泥棒対策のため引き戸に見せかけた引き出しを棒で押すと開く天井など、昔の人の知恵や工夫がいっぱい!愉快なおじさんがガイドしてくれるので、当時の生活を楽しく知ることができますよ。(開館/4月~10月)
そして、事前に予約すれば、この重要文化財のお屋敷で昼食が食べることができます。隠岐そばや押しずし、岩のりを醤油につけて巻いたおにぎりのほか、旬の食材を使った隠岐の郷土料理を堪能することができます。すべて島のおばちゃん達の手作り料理。ボリュームがハンパない!ぜったいにお腹をすかせて行くべし!!

名称
佐々木家昼食

住所
島根県隠岐郡隠岐の島町釜カス谷17

TEL
08512-2-1290

営業時間
9:00~17:00(3月~11月) ※昼食は要予約

定休日
3月~11月開館、期間中は月曜休

URL
隠岐広域観光情報提供サイト