出雲大社 平成の大遷宮

多くの観光客でにぎわう出雲大社は、60年ぶりの平成の大遷宮によって生まれ変わり、より一層ご神威が増しました。
出雲大社の遷宮に秘められた歴史や、伝統技術の粋を集めて築かれた出雲大社御本殿の魅力・見どころなどをご紹介します。

60年ぶりの出雲大社「大遷宮」とは?

遷宮が終わった御本殿
出雲大社

縁結びの神様として知られる大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をまつる出雲大社。

国宝である現在の御本殿は1744年に造営され、これまで3度の遷宮が行われてきましたが、平成20年から60年ぶりとなる「平成の大遷宮」が行われています。

そもそも遷宮とは、御神体や御神座を本来あったところから移し、社殿を修造し、再び御神体にお還りいただくことですが、その意味には諸説あり、

 (1)木造建築の建物を維持していくため
 (2)社殿の建築など様々な技術を継承していくため
 (3)神社は清浄であることが必要で、そのために遷宮を行う(神の力がリフレッシュされる)

などと言われています。

平成20年4月に、御祭神である大国主大神が御本殿から御仮殿に御遷座される「仮殿遷座祭」が執り行われました。そして翌21年から、御本殿のみならず摂社・末社も、修造工事が進められてきました。

出雲大社の摂社・末社

平成25年5月10日には、大国主大神が修造の終わった御本殿にお還りになる「本殿遷座祭」が執り行われ、その後も様々な奉祝行事・記念行事が催行されました。

平成28年3月には境内境外の全ての御社殿の御修造遷宮が完了、第2期事業として4月以降は重要文化財の会所の修造をはじめ、出雲大社と密接な関係を持つ国造家鎮守社8社他の修造や文化財等を展示するための宝物殿の改修等が行われます。

匠の技でよみがえった御本殿大屋根の秘密

修造中の御本殿大屋根
 古くより「天下無双の大廈(たいか)」と称えられてきた御本殿の修造には、震災被害にあった東北地方の木材なども使用されており、銅板などは130年ぶりに「ちゃん塗り」と呼ばれる特殊な塗装を施されました。
ちゃん塗り、檜皮ぶきの大屋根

事前調査によって、明治の正遷宮の際に、鬼板や千木・勝男木などを覆う銅板には、松ヤニやエゴマ油、鉛、石灰を混ぜた「ちゃん塗り」と呼ばれる塗装が施されていたことが分かり、今回の修造では、「ちゃん塗り」による約130年前の大屋根が再現されたのです。

また約70万枚もの膨大な檜皮(ひわだ)が敷き詰められた大屋根は見る者を圧倒します。檜皮は防水性に優れており、伝統的木造建築の最高の屋根材とされます。

出雲大社では、一般の約1.5倍の長さの檜皮も用いられており、御本殿大屋根の面積は約180坪、軒先の厚さは約1mにもなります。

 

出雲大社の主な祭事(平成28年)
大祭礼

かつては旧暦3月に斎行された「三月会」を、出雲大社が官幣大社に定められたのを記念して明治19年から「出雲大社大祭礼」として受け継がれたお祭りです。

5月10日 (火) 9:00 遷宮記念祭
5月13日 (金) 20:00 例祭前夜祭
5月14日 (土) 9:00 的射祭
    10:00 例祭
5月15日 (日) 9:00 例祭二之祭
12:00 神輿渡御祭
5月16日 (月) 10:00 例祭三之祭・出雲屋敷感謝大祭
5月18日 (水) 9:00 御神楽祭
神輿渡御祭
的射祭
神迎祭
神迎祭

旧暦10月10日に八百万の神々をお迎えするお祭りです。神々は、龍蛇神の先導で海から稲佐の浜に上陸され、「神迎えの道」を通って出雲大社へ向かいます。
11月9日(水) 19:00

縁結大祭
縁結大祭

縁結大祭では、世の人々の更なる幸縁結びを祈る祝詞が奏上されます。
11月14日(月)・16日(水)10:00

神在祭
涼殿祭

旧暦10月11日から17日までの7日間、集まった神々が様々なご縁を神議(かむはかり:会議)されるお祭りです。
神々の神議は摂社上宮で行われ、大社境内東西の十九社が宿舎となります。
また、期間中、毎日午後7時から神楽殿で夜神楽特別祈願が行われます。

11月10日 (木) 9:00 神在祭
11:00 龍蛇神講大祭
11月14日 (月) 10:00 神在祭・縁結大祭
11月16日 (水) 10:00 神在祭・縁結大祭
神等去出祭
神等去出祭

出雲大社をお発ちになる神々を見送るお祭りです。
11月16日(水) 16:00

詳細は「出雲大社公式サイト」でご確認ください。

 

周辺の宿(温泉地)情報
松江しんじ湖温泉 玉造温泉 鷺の湯温泉 三瓶温泉 温泉津温泉 有福温泉 湯の川温泉 海潮温泉 立久恵峡温泉
縁結びの聖地を歩く神々の都・大社を町あるき出雲大社公式サイト