お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
アンラクジテイエン

安楽寺庭園

当寺はもと天台寺院であったが、暦応年中(1338~1342)聖一(しょういち)国師門派の石門(せきもん)禅師が巡錫し、臨済宗東福寺派の寺院に改めたといわれ、この地方で最も古い禅寺の一つである。
(足利氏の命を受け安国寺建立の目的で当山を宿舎とする。)
当寺の庭園は昭和56年(1981)作庭家森蘊(おさむ)によって築かれた枯山水(かれさんすい)である。裏山の急斜面を生かし、滝と渓流をとり入れた枯山水は、約500平方メートルの広さがあり、庭面は美しい苔でおおわれ、うっそうとした檜林を背景にした壮麗な枯滝石組、点在する臥岩(ふせいわ)、竪岩(たていわ)、島など、深山幽谷のたたずまいの中に充実した静寂さをもつ庭園である。

  • 【取り組みの目安】 ・マスクの着用、咳エチケット ・手洗い・手指消毒の徹底
  • 【取り組みの目安】 ・毎日検温し37.5度以上は、必要に応じ医療機関の受診を促すとともに、診断結果を記録する ・発熱以外に咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛等の症状に該当する場合も自宅待機とする
  • 【取り組みの目安】 ・2方向の窓を1回、数分間程度、毎時2回は全開にする ・あるいはビル管理法に基づく空調基準を満たす
  • 【取り組みの目安】  ・他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所と頻度を特定し、高頻度接触部位については、消毒洗浄を徹底する ・消毒液を設置する
  • 【取り組みの目安】  ・できるだけ2mを目安に最低1mは確保する
  • 【取り組みの目安】 ・対面接客を行う場合は、アクリル板等によりお客様との間を遮蔽する
  • 【感染防止対策の情報発信】 施設HP等で、施設側が実施している感染防止対策を発信している

近くの観光スポット

近くの美肌スポット