お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ヤジエモンジンジャ

弥治衛門神社

寛永年間(1624~1643)、溝部弥治衛門という勝負師で、土木事業にくわしい人がいたと言い伝えられている。この弥治衛門がある訴訟で敗訴し、さらし首の刑を受けた。ところが、その首が日和(ひわ)川を逆流し、千丈溪一本桧に流れついた。これを発見した村人があわれに思い、現在の社に祀ったと伝えられる。

毎年12月第1日曜日に祭礼が行われる。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット