お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ウンシュウクムラナガサワヤキカマアト

雲州久邑長沢焼窯跡

旧藩時代の藩窯の跡。文政10年(1827)ごろに開窯し、天保元年頃肥前国伊万里の陶工木村甚兵衛が来村して、出雲地方で初めて磁器の生産を始めた。甚兵衛の作品は形の美しさと染付けの精巧さで珍重され「久村焼」「長沢焼」の名をもって名声を博した。

藩窯となったのは天保元年(1830)のことで、藩はこの窯場に藩士を監督者として派遣していた。藩窯が八束郡東出雲町意東に移されたことにより天保7年(1836)に廃窯となった。

現在この窯場の窯口、焚口、火越など作業場が原型のまま残されており、昭和34年(1959)県史跡に指定。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット