お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

龍源寺間歩(石見銀山)

間歩とは鉱山の掘り口のことで、龍源寺間歩は世界遺産・石見銀山遺跡の中で唯一、常時公開されている坑道です。中は冬あたたかく夏はひんやりとしています。壁面には当時ノミで掘り進んだ跡がそのまま残っており、また排水のため垂直に100mも掘られた竪坑も見ることができ、石見銀山絵巻等の展示もあるなど、当時の石見銀山の姿を体感できる場所です。
龍源寺間歩は江戸時代中頃に開発されたもので、長さは600mに及びます。大久保間歩に次ぐ大坑道で、良質の銀鉱石が多く掘り出されました。閉山したのは昭和18年といわれ、約230年もの間、間歩の開発が行われました。石見銀山遺跡は、2007年に鉱山遺跡としてはアジアで初の世界遺産に登録されました。

 

 

出雲大社は、日本一の縁結びの神様として全国的に有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祀られています。縁結びは、男女間に限らず人々を取り巻くあらゆる繋がりのご縁を結ぶものとされ、初詣や祭礼の時期には、縁結びや開運のお守り、ご朱印を求める人の行列ができます。
御本殿は歴史を感じさせる壮大さと神々しさをたたえ、春には境内のあらゆる場所で桜が咲き、背景の八雲山も新緑に紅葉と四季折々の色合いで、訪れる人々を清々しい気持ちにしてくれます。
神楽殿の大注連縄は日本最大級で、全長13.6m、重量5.2tもあり圧倒されます。また、ここでは御祈祷や結婚式などが執り行われます。
御本殿は大社造りの代表で、高さが太古には32丈(96.96m)、中古は16丈、近古は8丈という言い伝えがありましたが、2000年に巨大な本殿柱が発掘され伝承の真実味が増しました。内部は心御柱(しんのみはしら)を中心に田の字型に仕切られ、御神座は御本殿と同じ南向きではなく、西向きに御鎮座されています。
旧暦10月11日から17日まで、全国の八百万の神々が出雲大社に参集され、人々のご縁を結ぶ会議をされるとの伝承があり、全国からの参拝客でにぎわいます。

 

出雲大社の参拝については下記リンクをご覧ください。

出雲大社 コロナ禍における参拝について

2007年7月に、鉱山遺跡としてはアジアで初めて世界遺産に登録された銀鉱山遺跡です。
銀により栄えた大森の町並みはノスタルジックな雰囲気で溢れ、自然も豊かなので自分でフォトジェニックなスポットを探しながら歩くことができます。また、おしゃれなカフェや雑貨屋さん、お食事処、パン屋さんなども並んでいます。
当時実際に銀鉱石を採掘していた、横穴式坑道跡「龍源寺間歩(まぶ)」が一般公開されています。
石見銀山の歴史や技術、世界とのつながりなどは、石見銀山世界遺産センターで学ぶことができます。
17世紀前半に世界の産出銀の約3分の1を占めていたといわれる日本銀ですが、そのかなりの部分は石見銀山が産出していたと考えられています。

津和野の町から城山の方向を眺めると、朱塗りの鳥居がぎっしりと並んだ参道が見えます。約1,000本の鳥居のトンネルを300mほど登った先に太鼓谷稲成神社があります。
安永2年(1773)、津和野七代藩主亀井矩貞が城の鎮護と領民の安穏を願って、城山の太鼓谷に京都伏見稲荷から斎き祀ったのが始まりです。
東北の竹駒稲荷、関東の笠間稲荷、近畿の伏見稲荷、九州の祐徳稲荷とともに日本五大稲荷の一つに数えられています。一般には稲荷と書きますが、ここは全国でも珍しく「稲成」と書きます。稲成としたのは願望成就のためといいます。祭神は宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の2神です。
年間の参拝者は県内の神社で出雲大社に次ぐ第2位です。

 

【関連記事】
うるおい研究室「美肌たび 研究日記」
詳細はこちら≫ 心もうるおう津和野で楽しむ 非ストレスな時間

 

 

松江城は18万6,000石の城下町松江のシンボルで、全国に現存する12天守の一つであり、2015年に国宝に指定されました。
最上階の天狗の間からは、松江市街地や宍道湖など360度展望でき、眺望は格別です。春の桜や夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季の彩りに、黒い天守閣がよく映え、季節ごとの景色の移り変わりを求めて多くの人でにぎわいます。
石垣はごぼう積み・野面(のづら)積みと呼ばれる工法で構築され、400年を経てもなおゆるがない見事なものです。
松江開府の祖堀尾吉晴が慶長12年(1607)から5年の歳月をかけ完成させ、堀尾2代、京極1代、松平10代の居城でした。
標高28mの亀田山(城山)の丘陵上に構成された平山城で、各所に袋狭間(ふくろはざま)が設けられ、関ヶ原の合戦が終わって間もない頃の質実剛健な構えと実戦本位の設計が特色です。姫路の白鷺城に対し、千鳥城の名があります。

5/9~8/31 北惣門橋通行止め(歩行者含む)のお知らせ(公式サイト)

 

特集はこちら≫ 知っていると倍楽しい!国宝松江城の魅力を徹底ガイド

近代日本画を中心とした美術館で、横山大観のコレクションとともに、日本一の庭園が有名です。

5万坪の広大な日本庭園は「庭園もまた一幅の絵画である」という信念のもと細部まで維持管理されており、白砂青松庭など多様な庭園が、春夏秋冬の季節ごとに美しい姿を見せてくれます。
アメリカ専門誌の日本庭園ランキングでは毎年連続で「庭園日本一」に選出されています。また、フランスの旅行ガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では、山陰エリアで唯一となる最高評価の「三つ星」として掲載されています。
昭和45年(1970)の設立で、安来出身の実業家足立全康(ぜんこう)が蒐集した横山大観、竹内栖鳳、橋本関雪ら近代日本画コレクションを始め、院展作家を中心とした現代日本画、陶芸、童画、彫刻、漆芸などの魅力的な作品を所蔵しています。なかでも、横山大観のコレクションは120点を数え、質量ともに日本一と評されています。

2020年4月1日には開館50周年を記念し、「魯山人館」が新たにオープンします。

島根県立青少年の家は、宍道湖を見下ろす宍道湖北西岸の小高い丘の上にあります。
幼児から青少年・成人・高齢者までいろいろな年齢層の人たちが集団で利用しながら日常生活では得難い多様な体験学習ができます。さらには交流などを通して豊かな心とたくましい身体を作るための様々な研修機会を提供し、県民の教養および文化の向上に資することを目的として設置された生涯学習施設です。
体験学習や研修のために利用できる、研修室、体育館、宿泊施設、艇庫、多目的ホール、創作室、音楽室、試食・調理室、バーベキューハウス、食堂などがあります。

ぐるっと松江堀川めぐりは、国宝松江城の堀を約50分かけて周遊する遊覧船で、1997年の就航以来大変好評です。
松江城をはじめ、武家屋敷や塩見縄手の老松が並ぶ城下町の風景、城山公園の森や水辺の鳥などの豊かな自然と、船にゆられながら城下町・松江をゆったり味わうのにふさわしいコースとなっています。
船は17もの橋を通過しますが、中には高さの低い橋もあります。そこでは遊覧船の屋根が下がるイベントがあり、船内に「おー」というどよめきがわきます。船頭さんの名ガイドと合わせて、一層楽しい船めぐりとなります。
また、11月~4月の間は全ての船が「こたつ船」として運行され、冬ならではの情緒ある風情をこたつで暖まりながら楽しむ事ができます。

西日本で唯一シロイルカが観れる、中四国最大級の水族館です。愛くるしいシロイルカが披露する「幸せのバブルリング」Ⓡや「幸せの魔法マジックリング」は必見です!
4種のペンギンがいるペンギン館では、水槽の下からペンギンたちがまるで空を飛ぶように、自由に泳ぎ回る様子を観ることができます。
その他、山陰の神話に登場するサメ(地方名わに)を展示する神話の海(サメ大水槽)、島根県の県魚でもあるトビウオや「ノドグロ」で知られる「アカムツ」など約400種1万点の生物をご覧いただけます。
また、ナイトアクアスやバックヤードツアー、冬期のペンギンパレードなど、季節ごとのイベントも人気です。
お土産コーナー、レストランやキッズルームなど、ファミリーにも嬉しい設備も充実しています。

宍道湖の北側の湖畔に面した温泉街です。国宝松江城や松江市街地へのアクセスが良く松江観光に便利なのはもちろん、出雲大社へも最寄りの松江しんじ湖温泉駅から向かうことができます。(一畑電車で約60分)湯元には「お湯かけ地蔵」が立ち、松江しんじ湖温泉駅前と「宍道湖しじみ館」には足湯もあるので、温泉街散策も楽しめます。ランホテ(ランニング+ホテルステイ)を楽しみたいランナーにも注目されています。
【泉質:硫酸塩泉】

松江フォーゲルパークは、世界でもめずらしい花と鳥のテーマパークです。
宍道湖を望む緑豊かな丘陵地にあり、2つの鳥温室と花の展示温室をはじめとした様々な施設が屋根付き回廊でつながって、天候に関わらず年中楽しめる、全天候型のテーマパークです。花の展示温室は国内最大級の規模で、ベゴニア・フクシアをはじめ、コリウス・ブルグマンシア・ゼラニウムなど約1万株の花々が一年中満開に咲き誇ります。
また園内には、オオハシやフクロウ、ハシビロコウ、ケープペンギン、ショウジョウトキなど沢山の鳥がおり、オオハシやフクロウとのふれあいコーナーや、ペンギンのお散歩、フクロウの飛行ショー、タカやワシのバードショーなど多彩なイベントが開催されています。カップルの固い絆を約束するという「幸せの椅子」も人気です。

世界遺産・石見銀山散策スタートはまずここからがおすすめです。
石見銀山の歴史や世界とのつながり、鉱山や町の人々の暮らしなどを豊富な展示やVRで紹介しています。また大久保間歩坑内の一部再現や、エントランスには遺跡全体を見ることができるジオラマ(模型)もあります。銀採掘や精錬など当時最先端の技術を利用していたこと、よそでは見られない環境と共存しながら開発していたことなどを学べば、なるほどさすが世界遺産!と納得です。
現地を訪れる前にここで予習して行けば、石見銀山の魅力や価値の理解が倍増します。町並みや遺跡などを見る目が変わること間違いなしです。

PR