お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

出雲大社

出雲大社は、日本一の縁結びの神様として全国的に有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祀られています。縁結びは、男女間に限らず人々を取り巻くあらゆる繋がりのご縁を結ぶものとされ、初詣や祭礼の時期には、縁結びや開運のお守り、ご朱印を求める人の行列ができます。
御本殿は歴史を感じさせる壮大さと神々しさをたたえ、春には境内のあらゆる場所で桜が咲き、背景の八雲山も新緑に紅葉と四季折々の色合いで、訪れる人々を清々しい気持ちにしてくれます。
神楽殿の大注連縄は日本最大級で、全長13.6m、重量5.2tもあり圧倒されます。また、ここでは御祈祷や結婚式などが執り行われます。
御本殿は大社造りの代表で、高さが太古には32丈(96.96m)、中古は16丈、近古は8丈という言い伝えがありましたが、2000年に巨大な本殿柱が発掘され伝承の真実味が増しました。内部は心御柱(しんのみはしら)を中心に田の字型に仕切られ、御神座は御本殿と同じ南向きではなく、西向きに御鎮座されています。
旧暦10月11日から17日まで、全国の八百万の神々が出雲大社に参集され、人々のご縁を結ぶ会議をされるとの伝承があり、全国からの参拝客でにぎわいます。

 

出雲大社の参拝については下記リンクをご覧ください。

出雲大社 コロナ禍における参拝について

群馬県の湯川中温泉、和歌山県の龍神温泉と並び「日本三美人の湯」と呼ばれる湯の川温泉。オオクニヌシノミコトに恋をした因幡の国(現在の鳥取県)のヤカミヒメが、想い人を追う旅の道中で立ち寄ったと伝えられています。厳しい旅の疲れをときほぐしたヤカミヒメは、いっそう輝く美人神になられたといわれています。出雲空港から車で約10分の立地なので搭乗前の空き時間に立ち寄ることも。旅の中で賢く利用して、美を磨きましょう。
【泉質:硫酸塩泉】

出雲大社から車で約20分です。海面からの高さは63.30m、地面から塔頂(灯塔)までの高さは43.65mであり日本一です。
青空に白亜の灯台はコントラストも鮮やかに映えます。
灯台の上は展望台となっていて、目の前に日本海が広がり、晴れた日にははるか北方に隠岐島が見える事もあり、さらに南の山々が連なる360度のパノラマ風景を楽しむことができます。
島根半島の最西端、日本海につき出た岬の先端にあり、夕日の眺めは素晴らしく絶景です。また日が暮れてからの夜釣りの漁火もとてもロマンチックです。
すぐ近くにはウミネコの繁殖地である経島もあり、日本海の海食をうけた奇岩絶壁が続きます。
世界各国の歴史的に特に重要な灯台100選に選定されています。

島根県立青少年の家は、宍道湖を見下ろす宍道湖北西岸の小高い丘の上にあります。
幼児から青少年・成人・高齢者までいろいろな年齢層の人たちが集団で利用しながら日常生活では得難い多様な体験学習ができます。さらには交流などを通して豊かな心とたくましい身体を作るための様々な研修機会を提供し、県民の教養および文化の向上に資することを目的として設置された生涯学習施設です。
体験学習や研修のために利用できる、研修室、体育館、宿泊施設、艇庫、多目的ホール、創作室、音楽室、試食・調理室、バーベキューハウス、食堂などがあります。

出雲大社門前町のメインストリート「神門通り」中ほどにある、駐車場機能を備えたイベント広場です。
観光バスの乗降場所3ヶ所、タクシーの乗降場所2ヶ所、タクシー待機所6台分、公衆トイレ1ヶ所があります。
イベント等が開催されていない時は、大社観光のための駐車場としてご利用いただけます。出雲大社境内に近いため利用者も多いので、混雑時には満車にご注意ください。

 

令和4年10月1日から、神門通り交通広場の駐車場は 有料駐車場 となります。

詳細についてはこちら≫

「日本三美人の湯」のひとつとして広く知られている「湯の川温泉」は三方を山で囲まれた閑静な地にあり、神話の国の出雲路の秘められた温泉として古くから愛されてきました。
肌へ水分を運んでくれるだけでなく、塩の成分がベールの役割を果たし保湿もしてくれる、理想的な温泉です。
神代の昔、大国主神を慕って因幡の国から訪ねてきた八上姫(やかみひめ)が旅の途中でこの湯に浸かり、旅の疲れを癒し、いっそう美しい姫神になられたという言い伝えがのこっています。今も昔も愛しい人を想って美しくなりたい気持ちは同じなのですね。
日帰り入浴施設「ひかわ美人の湯」は、そんな「日本三美人の湯」を気軽に楽しめ、特に女性に人気があります。周囲に木を配した広い露天風呂があり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

「山陰の耶馬渓」とも呼ばれる立久恵峡の眺望がすべての客室から楽しめる絶景の宿です。四季折々の雄大な立久恵峡の風景を夜はライトアップした渓谷を楽しみながら、ゆったりと浸かれる露天風呂、貸切風呂(5室)もあります。
当地の食材にこだわった料理が評判で、山菜料理、若鮎、松茸、川ガニ、ボタン鍋、島根和牛料理等など季節の味覚を楽しむことができます。
泉質は、塩化物泉で、塩の成分が皮膜となって保温、保湿してくれるため、ぽかぽかしっとりが持続する温泉です。

水の都松江市の西にひろがる湖で、特に夕日の景観はすばらしく「日本百景」の一つに選ばれています。
ヨットやカヌーなどの水上レジャーをはじめ、冬にはバードウォッチングも楽しめます。
海水が混じる汽水湖のため魚介類が豊富です。スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ(ワカサギ)、シジミ、コイ、シラウオを「宍道湖七珍(しんじこしっちん)」と呼び、島根県を代表する味覚となっています。中でも国内最大級の漁獲量を誇るヤマトシジミは、おみやげとしてもオススメです。
また、さわやかな朝の宍道湖をながめながらのランニング・ウォーキングは「旅ラン」にぴったりです。心身ともにリフレッシュした後は、湖畔沿いにある松江しんじ湖温泉で汗を流して、さっぱりと旅がスタートできますよ。

「宍道湖畔ランニング・ウォーキング」詳細はこちら ≫うるおい研究室「美肌モノ調査レポート」

【関連記事】 ≫美肌たび 研究日記「心ゆるびの街・松江で楽しむ 美肌チャレンジ」
【関連記事】 ≫地元ライターおすすめ!日本海・宍道湖・中海の絶景が望める島根の水辺カフェ

中国地方最大級の温泉かけ流しの日帰り温泉。広大な施設内には、約50坪の岩造りの大露天風呂をはじめ、一人用の露天風呂、解放感あふれる内湯、遠赤外線サウナなど多彩なお風呂が楽しめます。山陰の旬の食材にこだわった和食処や風呂付きの貸切小宴会場などもあり、食事もゆっくり味わえます。
【泉質:単純温泉】

社殿背後の大杉とともに日本一のパワースポットとしてメディアで紹介されて、注目を集めるようになりました。
大杉の推定樹齢はおよそ1300年といわれ、囲いがあるため幹に直接触れることはできませんが、張り出した大きな根に触れても大きなパワーを授かりそうです。良縁、家庭円満、子宝、子孫繁栄などを願う多くの人々が訪れます。
ヤマタノオロチ退治で有名な須佐之男命(すさのおのみこと)を主祭神とし、稲田比売命(いなたひめのみこと)と、その父母神である足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)を合祀しています。手摩槌命は宮司である須佐家の祖神と伝わります。
8月15日の夏祭りに行われる切明(きりあけ)神事は念佛踊りとも呼ばれ、多くの人出でにぎわいます。

出雲国風土記にも記載される須佐神社。近年はスピリチュアルなスポットとして若者や女性の参拝も増えています。「ゆかり館」はその須佐神社に隣接する温泉宿。日帰りでも利用できます。温泉水が毎分200リットル湧き出ていて、露天風呂、打たせ湯、ジェットバス、気泡浴などが楽しめます。地元の食材を使った会席料理や出雲そばなどを提供する食事処も併設しています。
【泉質:硫酸塩泉】

出雲大社の西方にある海岸で、国譲り神話や国引き神話ゆかりのパワースポットです。
弁天島という小さな島があり、岩上には豊玉毘古命を祀る小さな祠があります。白い砂浜は南へ向かって美しい弧を描いて長く伸び、日本の渚百選にも選ばれています。また弁天島をシルエットに夕日が沈む風景は素晴らしく、「日が沈む聖地出雲」のシンボルとして日本遺産にも登録されています。遠浅で夏は海水浴場として賑わいます。『記紀』の国譲り神話では、大国主神が高天原から派遣された武甕槌神(たけみかづちのかみ)と国譲りの交渉をしたという場所です。
『出雲国風土記』では、国引き神話の綱に見立てています。またこの浜は、旧暦10月10日に全国の八百万の神々をお迎えする、神迎神事の浜でもあります。

【大社漁港海岸の整備】

令和4年4月現在、立入禁止区域が変更となり、弁天島まで立ち入ることができるようになりました。

稲佐の浜の立入制限について

■関連記事

稲佐の浜から出雲大社へ。神々が通る由緒ある「神迎の道」をたどる

PR