お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

足立美術館 春季特別展「美しき日本の風物 日本画歳時記」

日本には春夏秋冬それぞれに美しい風物があります。日本画では多くの画家が四季の風物を題材にした作品を描いており、風景画、花鳥画だけでなく、人物画、動物画といった様々なジャンルにおいて、その美しさを堪能することができます。春風に乱れ散る桜の花びら、団扇を片手に涼む着物姿の女性、秋の野で愛らしい姿を見せる鶉、辺りを真っ白に覆う雪――。こうした作品からは、移り行く季節の儚さや豊かな詩情が感じられ、多くの人々を魅了し続けています。

 

本展では、四季折々の植物、動物、節目ごとの行事や風習が描かれた日本画をご紹介します。日本の一年を多彩なモチーフの作品で表現した本展は、日本画による歳時記といえるでしょう。近代日本画の巨匠たちがそれぞれの目でとらえた四季の美を味わいながら、心安らぐ日本画の数々をご覧ください。

 

■ 主な出品作品
横山大観「春風秋雨」「雨霽る」 川合玉堂「鵜飼」「春雨」 川端龍子「獻華」
橋本関雪「秋圃」 伊東深水「爽涼」 速水御舟「新緑」 榊原紫峰「菊花」 西村五雲「雪田宿鴨」

PR