お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
シハクテイ

紫白庭

 金蓮山願楽寺(こんれんざんがんぎょうじ)の庭園を紫白庭という。願楽寺は、文明3年(1471)浄念の開基。浄土真宗本願寺派である。現在の本堂は文化10年(1813)に再建したものである。

 天明の大飢饉の時、願楽寺十代住職諦観(だいかん)がもみ倉のもみを放出して、村人の飢えを救ったことに感謝した人々は、裏山を削り、正面境内を拡張して、庭園を作ったと言い伝えられている。以後は代々の住職の手によって手入れされ、紫白庭と名づけられ今日に至っている。年中山水が池に落ちる滝池には緋鯉真鯉が遊ぶ。つつじの初夏、紅葉の秋はことに美しい。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット