お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

出雲文化伝承館「石鼎と出雲の俳人たち」

原石鼎は明治19年(1886)、現出雲市塩冶町に生まれ、大正から昭和初期にかけて全国で注目された俳人です。島根県簸川中学校(現島根県立大社高等学校)在学中から句作に励み、明治45年(1912)次兄を訪ねて現奈良県東吉野村に留まり、俳句に開眼。ここでの句が高浜虚子に認められ、大正4年(1915)ホトトギス社に入社して活躍します。その後、東京日日新聞や大阪毎日新聞などで選者となり、大正10年(1921)には俳句結社「鹿火屋」を主宰。関東大震災後は病に苦しみながらも後進の指導にあたり、昭和26年(1951)に65歳で没しました。
本展では、没後70年にあたり、郷土が誇る石鼎の俳句や俳画を展示します。あわせて郷土ゆかりの江戸から昭和時代の俳人たちも紹介します。

PR