タイコダニイナリジンジャ

観光スポット

太皷谷稲成神社

Taikodani03

 津和野の町から城山の方向を眺めると、朱塗りの鳥居がぎっしりと並んだ参道が見える。信者から奉納された1,000本の鳥居がトンネルを作り、その中を 300mほど登ると太皷谷稲成神社がある。安永2年(1773)、津和野七代藩主亀井矩貞(のりさだ)が城の鎮護と領民の安穏を願って、城山の太皷谷に京都伏見稲荷を勧請したものである。

 廃藩後一般庶民の崇敬を集めて次第に信仰圏を広げ、派昭和40年〜昭和50年にかけては津和野の観光客急増もあって、参拝者はふえた。
 現在では東北の竹駒稲荷、関東の笠間稲荷、近畿の伏見稲荷、九州の祐徳稲荷とともに日本五大稲荷の一つに数えられている。一般には稲荷と書くが、ここは全国でただ一つ稲成と書く。稲成とされたのは願望成就ためであるという。祭神は宇迦之御魂(うかのみたま)神と伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の2神。

 戦後に一時衰えたことがあったが、今日では開運厄除の守護神として、中国、四国、九州の全域に信者をもつ。年間の参拝者は100万人を超えるといわれ、県内神社では出雲大社に次いで第2位である。とくに2月の初午祭、春秋の例祭には遠近の参詣者で町はふくれあがるほど賑わう。
 拝殿、本殿は昭和44 年(1969)に建て直された。境内には郷土関係の資料を集めた宝物殿、椋木潜(むくのきひそむ)、佐伯利麿(さえきとしまろ)、岡熊臣(おかくまおみ)らの和漢蔵書5,000冊を収めた養老文庫、旧御殿の茶室を復元した茶席半峯亭(はんぽうてい)などがある。

<創建・建造・構造>1773年
<祭神・例祭・神事・芸能>
歳旦祭(1月1日)、初午祭(2月初午の日)、春の大祭(5月15日)、例祭(11月15〜16日)

近隣の施設を見る
住所 島根県鹿足郡津和野町後田409
お問合せ先

太皷谷稲成神社

島根県鹿足郡津和野町後田409

〒699-5605

電話:0856(72)0219

FAX:0856(72)3105

アクセス JR山口線津和野駅から徒歩約30分、タクシー約5分
営業時間 <定休日> なし
駐車場 無料 約100台
メールアドレス inari@tsuwano.ne.jp
URL http://taikodani.jp/
ユニバーサル情報 156 ec8578c3e02b51835e7c4e63341552c91e4be6f106bfd52f771d24e10bb9f057 158 0f9a08cb052f80d320b05eee77eb5621422c52de7f37430ded4c25cc0a3c4670
洋式トイレあり / 車いす対応(多機能)トイレあり